2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
緋色の秘境 ~緋の滝~
- 2018/01/19(Fri) -
仙人の滝の次は緋の滝に向かう。
一度駐車場に戻って、少し下ったところに市営露天風呂があるので
そこの駐車場に停めさせてもらう。

滝まで80m

駐車場の隣に滝見歩道の入り口があり、滝まではわずか80メートル。
これは楽勝だと思っていた。

すぐに到着

濡れた木道は少々滑りやすいので気を付けながら進む。
それでもすぐに展望台までたどり着いた。

木々の間から

木々の間から白いしぶきを上げながらまっすぐ落ちる滝。
森の木々を切り裂くように轟音を響かせる姿はなかなかのもの。
ただこの滝の名前のもとになった緋色の景色は見ることができない。

よく見えない

少し角度を変えてみるものの、今度は滝壺が見えず、
どうも消化不良。
もうちょっと近づけないものかとあたりを見回すと、
少し降りたところにも気の柵があるのに気が付いた。
もしやそこにも展望台があるのでは。
ただそこに降りていく道がない…。

隠し通路

少し滝見歩道へ戻ったところに怪しい草むらがあった。
熊笹の間を抜けられそうな空間がある。
おそらくここが下の展望台へ続く道に違いない。

急斜面

草をかき分けながら抜けると、やはり下へ降りる道が現れた。
木の手すりの残骸のようなものがある。
かつては階段があったのかもしれないが、使われないまま
いつの間にか埋もれてしまったのだろう。

かなりの急斜面だが、ここなら何とか降りることができるだろう。

突破

この斜面、思っていた以上に厳しい。
足元は腐葉土のようになっていて、斜面に踏み込むと土ごとずるっと滑ってしまう。
それでも何とか慎重に降りて突破。
見上げてみるとなかなか険しい道。
あまり一般の人にはお勧めできない道だった。

ベストポジション

さて、やはりこの展望所がベストポジション。
先ほどとは違ってここからなら緋の滝の全景を見渡すことができる。
滝壺の水は濁河温泉の名前の通り白く濁っていて、
水に温泉成分が混ざっていることがわかる。

赤き滝壺

その温泉成分が岩に付着したのだろう。
滝壺の周りの岩は赤褐色に染まっていて、これぞまさに緋の滝
超お手軽滝のはずだったが、緋の滝の真の姿を見るためには、
険しい道のりを突破する必要があったのだ。

緑の中の落ち口

ツルツルになった岩肌を滑り落ちていく白い水。
この水が下流側にもたくさんの滝を作っていて、
この辺りは日本一の滝のメッカとなっているのだ。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大地の息吹 ~仙人滝~
- 2018/01/08(Mon) -
御嶽山がちらりと見える

濁河温泉街へ向かって車を走らせる。
下呂温泉から小坂の滝巡りの拠点「道の駅はなもも」を経由して、
ひたすらくねくねの山道を登っていく。
標高1800メートル、御嶽山の七合目にある温泉は
自家用車でたどり着くことができる温泉としては日本最高所に位置する。

途中、雲に覆われた御嶽山の姿がちらりと見えた。
2014年の噴火の爪痕の痕跡などなかったかのように、
その雄大な姿を見せてくれていた。

御嶽山の登山口から

御嶽山登山までの時間も体力もないので、
この日は途中の仙人滝を目的地とする。
温泉街を通り抜け、登山口の駐車場に車を停めた。
仙人滝へはこの川を渡るところからスタートする。

橋の上からちらりと白糸の滝

橋を渡る途中、右側下流側にちらりと別の滝の姿が見えた。
おそらく白糸の滝だろう、濁河温泉の道路脇に落ちる小さな滝で、
帰り道にでも寄ってみることにしよう。

まずは登山道を歩く

仙人滝へは御嶽山への登山道を歩くことになる。
神聖な山として数々の信仰を集める御嶽山だが、
一歩足を踏み入れると、力強く生える緑と時折感じる硫黄の匂いに、
生命の息吹を感じる。
この独特な雰囲気が神格化されるゆえんなのかもしれない。

すぐに分岐

5分も歩けば道は分岐して、山頂への道と仙人滝へと別れることになる。
左へ進むと緩やかに下り坂となって、川沿いへと降りていく。
こちらの道は人気がないのだろうか、
蜘蛛の巣が沢山残ってて、油断すると蜘蛛の巣に絡めとられてしまう。

川に降りてくる

川が見えてきた。
白いしぶきをあげながら緑の中を流れていく水はとても綺麗だが、
川に近づくにつれて硫黄の匂いが強くなってくる。
御嶽山が今も生きている火山ということを否が応でも感じさせられる。

苔むした川

川の石には苔がびっしりと生えていて、
赤い岩とのコントラストが美しい。
硫黄などのミネラルが豊富なことが影響しているのだろうか、
苔を中心とした緑がとても生き生きと育っているような気がする。

赤い岩肌

ほどなく緑の中から仙人滝が姿を現した赤い岩肌に白い髭を下したような
まさに仙人の風貌をした滝。
御嶽山の豊かな緑に抱かれた神秘的な滝だった。

隣の湧き水

滝の右岸には湧き水が小さな滝となって流れ出ている。
これも豊かな自然が生み出した産物であろう。

硫黄のにおいが漂ってくる

滝に近づくにつれて硫黄の匂いが強くなってくる。
水に温泉の成分が混ざっているのだろう、
しぶきを受けた滝壺付近の岩は赤褐色に染められている。

岩肌を伝う流れも良い

赤い岩肌を伝う水もまた魅力的。
水の流れが何人もの白髪の仙人を浮かびがらせる。

美しい流れ

御嶽山の山懐深くで出会った滝は、
大地の生命力を感じる滝だった。
この滝前の空間は視覚、聴覚、嗅覚を奪い去るまるで別世界。
しばらくここに立ち尽くし、見入るばかりであった。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
巨神兵の眠る場所 ~巌立峡~
- 2017/12/03(Sun) -
でかい岩

あかがねとよ唐谷滝に行くための拠点ともいえる巌立峡
大きな駐車場があり、ここから歩いて唐谷滝へ行くコースもあるのだが、
たどり着いた時間が遅かったので、
先にダートの林道を車で進んで見終わっている。

とにかく駐車場の目の前にそびえる巨大な岩に目を奪われる。
大きな巨神兵がこの地で永遠の眠りについたかのような、
巨大な岩壁で、壁面もいびつな形をしていて、
すこし禍々しいオーラも発しているかのようだ。

パワースポット

この岩の壁面は溶岩流の断面で、もともと溶岩が流れて冷え固まったところに、
川の流れが削り続け断面が露出したものだという。
溶岩流の断面としては日本最大のものだということだ。

岩の上には木々が林立し、入り組んだ崖には鳥たちが飛び交っていて、
なんだか生命の息吹が感じられる場所である。

上流へ歩いていく

この巌立を横目に川の上流へ遊歩道が続いている。
この先が唐谷滝あかがねとよにも続いているのだが、
先に車で訪れているので、とりあえずすぐ近くにある三つ滝まで行くことにする。

奥に滝が見えてくる

この日は雨が断続的に豪雨になるような天気で、
川の水もかなりの水量で、白いしぶきをあげながら流れている。
湿気に包まれた木々の向こうにひと際しぶきを上げる滝が落ちている。
あれが三つ滝だ。

三つ滝

滝に近づくにつれて両側の崖が迫ってくる。
狭い空間に水蒸気が集まり、霧のように靄が立ち込めてくる。

深い谷に激しくこだまする爆音

滝の近くまで来ると、両側が切り立った谷底のようになっている。
そのため滝の音が谷にこだまして、爆音が響き渡っている。
もともと水量はかなり増えているので、音と激しい流れは怖いくらいだ。

三段の滝で三ツ滝

三つ滝はその名の通り三段の滝なのだが、
あまりスペースがないので写真ですべてを一緒に収めるのは難しい。
とにかく崖に遊歩道の通路が設置してあり、
滝を見下ろすように見ることができるのだが、
爆音と水の激しさに手すりが付いているとはいえ、
水に引き込まれるかのような恐怖を覚える。

不動明王

爆音で後ろに人が来ても気づかないのだが、
ふと気配を感じて後ろを振り向くと、そこには不動明王が鎮座していた。
なんとなく感じていた生命の気配は、なるほどこの不動明王だったということか。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恐竜の鱗 ~唐谷滝~
- 2017/10/19(Thu) -
あかがねとよのグリーンの滝壺を堪能した後は
隣の谷の唐谷滝

分岐を奥へ

どちらかというと唐谷滝の方が滝らしい滝で、
あかがねとよの場合は渇水期は水が落ちていないこともある。

手前の分岐を左に行き、少し階段を降りる。

階段を降りる

濡れて滑りそうな階段なので少し慎重に降りる。
降りた先にはすぐ川が流れていて、
あれが隣の谷、唐谷なのであろう。

右奥から轟音

ほんとにすぐ隣の谷。
降りると滝の轟音が響き渡っている。
ここを右に進めば唐谷滝

かっこいい

落差はさほどないが、柱状節理の岩に囲まれた空間に
一気に注ぎ込む滝姿はなんともかっこよいではないか。
流れ出てくる水も抜群の透明度で奥からは怖いくらいに水しぶきが飛んでくる。

先ほどのあかがねとよと言い、唐谷滝と言い、
これだけ素晴らしい滝がすぐ横に並んでいるとは
なんとも贅沢な場所である。

秘境感ただよう

岩に身を隠し水しぶきを避けながら、
もう少し近くまで寄ってみる。
滝の上流も緑と岩壁に阻まれて、たどり着くことができないような秘境感。
圧倒的な岩壁が迫ってくるようで恐怖感も漂ってくる。

恐竜のうろこ

唐谷滝の魅力は何と言っても鱗のような岩の形状。
恐怖感がどこから来るのかと思っていたら、
なんとなく恐竜の鱗のように見えるからだろう。
恐竜に鱗があるのかわからないが、なんとなく怪物チックな
岩壁なのである。

あかがねとよはいつまでも眺めていたい透明感があったが、
こちらはいるだけでものすごいプレッシャーを感じる滝であった。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宝石の落ちる滝壺 ~あかがねとよ~
- 2017/10/14(Sat) -
日本一滝が多い町を標榜している岐阜県下呂市の小坂町。
大小200もの滝があり、小坂の滝巡りと称して滝ツアーが開催されるまさに滝の町。

小坂の滝の中でも一番大きな滝は日本百選にも選ばれている根尾の滝だが、
滝までのアプローチが長いダート道ということで途中まで進むも
やはり普通車では厳しく、途中で断念。
ダートに入って1.5kmほどの場所にあるあかがねとよまでは
何とか進んで訪れることにした。

ダート道

巌立峡からダート道を1.5km。
普通車で慎重に進めば、この駐車スペースにたどり着く。
根尾の滝までも頑張れば普通車で進めそうだが、
やはり気を遣うので無理をせずここまで。

階段を降りる

看板の横から谷に降りる道を進む。
少し中に入れば、途端に大自然の中。
湿気に満ちた森の中で緊張感が高まる。

水があふれてくる場所

すぐに水の流れる場所にたどり着く。
断続的に雨が続くこの日、やはり水量は多い。
広い面積に水が流れていて、
なんとも原生的な渓流林の雰囲気。

右へ進む

看板があって、右があかがねとよ
左は隣の谷の唐谷滝
まずは右奥に水がグリーンに光るあかがねとよを目指す。

橋を渡ると正面に

近づくにつれてグリーンにの水が見えてくる。
あかがねとよは雨の少ない時期は滝にならずに枯滝になる時もあるようだが、
この日はたっぷりの水量。

枯れることもあるというが

正面まで近づいてみる。
噂に違わぬ美しい滝壺を持つ滝である。
薄いグリーンの水が波立ちながらどんどん押し流れてくる。
これだけの水量なのに濁りは全くない。
あかがねとよは水が落ちていなくても滝壺の水が枯れることはないという。

あかがねとよ

実際に落ちる滝の水より伏流水がたくさん湧き出ているのかもしれない。

この日はグリーンだったが、日によってはブルーになったり透明になったり
いろいろな色に変わるらしい。
色とりどりの宝石を落としたような魅惑の滝壺。

豊富な水量

あかがねとよという一風変わった名前は、
滝の岩壁が赤金・銅の色に見えることから来るらしい。
滝壺の水が多くてあまり落ち口に近づけないので、
赤金色には見ることはできなかったが、
グリーンの水はいつまでも眺めていたいような魅惑の滝壺だった。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。