2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
とまらない涙 ~雫の滝~
- 2010/12/26(Sun) -
紀伊半島一周旅行もクライマックス。
まぼろしの滝まで足を伸ばしたので、
すさみ町に着いたときはほとんど日も暮れかかってきていた。

地図上にはもう1つの滝の場所が記されている。
それが雫の滝だった。
ちょうど帰るコースにできる道沿いにあるので、
できればよってみたいと思っていた。
道路からすぐに立ち寄れる場所にあるので、
アクセスには問題ない。
あとは日没との戦いだ。

すさみ八景の雫の滝

すさみ八景雫の滝の看板までやってきたときは、
だいぶ暗くなっていた。
立派な看板がついているが、
駐車場などは無く、少し広くなった道路に車を停めさせてもらう。

写真では明るく補正されているが、
実際はだいぶ暗くなってきている。
この誰もいない山中で日が暮れてしまっては、
危険を伴う恐れがある。
急ぎ足で、谷に下りる階段を降りて行く。

ざわつく川面

階段を5分ほど下りていくと、
川面が見えてきた。
深いグリーンの水はざわついている。
深い淵なのに水面が揺れているのは、
大きな滝が近くにある証拠だ。

滝が見えた!

予想通り、川沿いまで出ると、
すぐに滝の姿が見えてきた。
やはりこの日は水量が多い。

雪崩のような二段滝

雪崩のように水飛沫が落ちていく。
二段の斜瀑で、本流にかかる滝のためか、
非常に幅の広い滝である。
洪水であふれ出した大量の水が押し寄せるようにも見える。

雫の滝と言う名前はどこから来ているのだろうか。
雫どころの水量ではない。

あらぶる雫

あらぶる雫は、岩肌の上を水煙を上げながら雪崩落ちる。

二段の斜瀑

そうか、これは感動の涙。
紀伊半島一周旅行の最後の滝。
号泣し、とまらない涙の雫が滝になったのか。

2日間で数多くの滝を見てきたが、
それらの雄瀑にも負けないぐらいの滝だった。

これにて旅は終了する。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<神戸テーブルマウンテン ~百丈岩~ | メイン | 幻を追いかけて ~まぼろしの滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/90-ffa5bb1d
| メイン |