2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クジラの供養碑 ~梶取崎~
- 2010/10/23(Sat) -
くじら供養碑

和歌山県大地町の梶取崎にやってきた。

大地町は映画「ザ・コーヴ」ですっかり有名になってしまったが、
イルカ漁とクジラ漁の町である。

何も無い海に囲まれた漁村といったおもむきの町で、
昔はイルカとクジラの漁に支えられていただろうと
想像に難くない。

イルカ漁とクジラ漁の是非はいろいろと議論はあるかもしれないが、
ここでは触れる必要は無い。
ただ、この町が恵みをもたらしてくれる
イルカとクジラに感謝の意をもって接してきたのは
確かであろう。


灯台が見える

くじらの供養碑のあるこの梶取崎は、
整備された公園になっているのだが、
台風の日のこの日は誰も目にすることがない。
だだ灯台だけがじっと見つめているだけである。

灯台を見上げる

ずっと前からクジラ漁を見守ってきたのだろうか。
白い灯台に南国の木々。
天気さえ良ければ、ここは楽園のような場所かもしれない。

草木のトンネル

灯台の奥に、海の方へとつながる階段の道を見つけた。
道は草木に覆われて、大事なものを隠しているかのようだ。

沸いてくるように現れるフナムシたちに導かれながら進むと、
ほどなく海辺の展望台へとたどり着いた。

奇岩の広がる海

奇岩の広がる海。
山がそのまま海に突き出たような紀伊半島を象徴するかのような海岸。

中央が波の通り道になった特徴的な岩が印象に残る。

振り返ると先ほどの灯台

振り返れば先ほどの白亜の灯台が見えた。
この海の沖を進む船舶を誘導するために、鎮座している。


秘密の通路

帰り道、ふと抜け道のようなものがあることに気づいた。
秘密の場所への通路だろうか。
イルカ漁場への続く道かもしれない…

熊野灘が広がる

細い道を進むと、また海岸が現れた。
ここも奇岩が広がる複雑な海岸線。
イルカを囲い込む場所…とまではわからない。

ただ、暗灰色の熊野灘に白い波頭が見えるだけである。





=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<橋の残骸 ~橋杭岩~ | メイン | 朝なっち ~那智の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/84-c6ae84d4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。