2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
巨大な白ウナギ ~鼻白の滝~
- 2010/08/25(Wed) -
紀伊半島一周の旅は続く。

次に目指すのは鼻白の滝
変わった滝の名前だが、
鼻の白いウナギが住んでいた事から由来しているらしい。


はなじろ茶屋

滝までのアクセスは簡単で、
熊野川沿いの168号線を進み、このはなじろ茶屋の横の道を入って、
少し進めば鼻白の滝に到着する。

橋の上から鼻白の滝が見える

林道の橋の上から、滝が遠望できた。
遠望でもその大きさが見て取れる。
水量も十分。

きれいな看板

鼻白の滝を遠望できる橋からすぐの所に、
滝まで行ける遊歩道がある。
きれいな看板。
滝好き以外あまり知られていない滝だが、
だんだん観光地化されてきたのだろうか。

緑のトンネル

滝までものの5分とかからないぐらいだが、
苔むした緑の道はほんとに心地よい。

光の中に水しぶき

ほどなく水の流れる轟音が大きくなり、
前方の光の中に水しぶきが現れた。

この場所からでも、滝つぼに落ちた水が
水しぶきを舞い上げている様子がはっきりとわかる。

白い流れ

森の中に現れた岩壁の斜面を水が砕けながら落ちて行く。
斜面はごつごつと荒れているため、
水が細かく跳んだりはねたりしながら流れる。
この岩壁が砕けたのだろうか、
滝下にはここだけ巨大な岩石が転がっている。

よく見ると2段滝

さらに近づいてみると、
この滝が二段のになっているのがわかる。
上段は8m、下段は45m。
総落差83mの堂々たる滝だ。
この滝が大阪にあれば、箕面の滝なんかは見向きもされないかもしれない。
日本の滝百選に選ばれていないのが不思議なくらいの滝だ。
おそらく、このあたりにはあまりにも大きな滝が多すぎて、
選ぶことができなかったのだろう。
紀伊半島の奥地まで来ると、日本とは思えないような絶景が
至る所に広がっている。

紀伊半島はやはり秘境の宝庫だ。


迫力ある2段の滝

林道に戻り、もう少し先に進むと、
鼻白の滝の全景が見れるポイントがあった。

森の中に突然現れた二筋の大滝。

鼻が白いどころか、巨大な白ウナギが2匹住んでいた。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<天国の門 ~桑の木滝~ | メイン | 空から降ってきた白布 ~布引の滝(紀和町)~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/80-8ff85e1c
| メイン |