2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
水源の秘境滝 ~琵琶の滝~
- 2010/03/20(Sat) -
奈良県の川上村はその名の通り吉野川の上流で、
水源地にあたる場所である。
川上村でも水源地の村として、水や自然の保護に力を入れている。

豊富な湧き水は至る所に川となり谷を造り、
大峰山や大台ヶ原に挟まれた複雑な地形のため、
数多くの滝に恵まれる。

特Aランクの滝もたくさんあるが、
深い山の自然にはばまれて、なかなかたどり着くことができない。

その中で、今回訪れた琵琶の滝は比較的アプローチが楽な場所である。
楽とはいえ、登山口にたどりつくだけでも、
落石の多い悪路の林道を進まなければならない。

下多古川にそって造られた林道を慎重に走る。
途中、リスが道路脇の森へと走り去り、
ヤマガラが車を先導するかのように飛んでいく。
20分ほど走り、通行止め前まで来たら、
そこが登山口だ。

登山口から

入口の階段を登ると、琵琶の滝への登山スタート。
植林の杉林の薄暗い登山道を進んでいく。

最初から小滝の連続

左側からはずっと水の音が聞こえてくる。
川は大きな岩がゴロゴロとしており、
最初から小滝の連続。
すべてが見所と言った感じだ。

遊歩道は整備されているとは言い難いが

遊歩道は整備されているとは言い難いが、
歩きにくい道と言うわけでもない。
ところどころ注意して歩く必要はあるが、
左手を流れる川に癒され続けているから心地よい気分で歩ける。

川まで降りてみた

遊歩道は時々川の近くにまで降りてきているので、
川の畔まで行ってみることにする。
水源の村の清流だけあって、綺麗な水である。
せせらぎと激流を繰り返し、下流へと流れていく。

この上に琵琶の滝があるのだろうか。
下流でもこれだけ美しい谷を見せてくれるのだから、
琵琶の滝への期待は高まるばかりだ。

吊り橋まで来ればあと一息

この吊り橋を渡ればもうすぐだ。
高くはないが、不安定でゆらゆら揺れる吊り橋を
おっかなびっくり渡る。
しかも手すり?がパイプでできている。
ある意味では十津川の谷瀬の吊り橋より怖い。


吊り橋を渡ってしばらく歩くと、
木々の間の遥か頭上に白い滝の頭が見えてくる。
まだ谷の下流にいるために、
かなりの山の上から降り注いでくるようなイメージだ。

ついつい歩くスピードを早めながら、
最後の急坂をトラロープを頼りに登り切ると、
ついに琵琶の滝の観瀑台に到着した。

観瀑台の後ろに

観瀑台の後ろに見えるのはまさしく琵琶の滝
高い!
公称50mの落差というその姿は、
予想以上の壮大な景色だ。

滝の落差の公称というのは、非常に怪しい所があって、
だいたいが公称の数字が高すぎる傾向がある。
どこまでが一つの滝と捉えるかにもよるが。
しかし、琵琶の滝は50mと言う高さが控えめなほど
高度感のある滝だった。

琵琶滝全景

これだけの滝なのに誰一人いない観瀑台。
と言うか、山には入ってから誰一人出会っていない。

しばらく観瀑台にて琵琶の滝を独り占め。

さて、この観瀑台、滝の全景は見えるが、
まだ滝までは少し距離がある。

観瀑台の手前左手に、奥へ進む急坂の道がついており、
滝の近くにも滝の上にも行くことはできる。
だが、ここから先は道も不明瞭になり、
少々危険が伴う可能性がある。

滝上の展望台

しかし、あんな滝の上に立てるのなら、
行ってみないわけにはいかない!

つづく。




=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ







この記事のURL | 奈良 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<秘境滝のまた奥に ~中の滝~ | メイン | 埋もれた道筋 ~大江滝~>>
コメント
- -

いいですね。
こういう冒険譚はわくわくします。
次回が楽しみです。
2010/03/22 23:16  | URL | kai #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

> いいですね。
> こういう冒険譚はわくわくします。
> 次回が楽しみです。

いつもありがとうございます。
今回はなかなかハードでしたよ。
また書きますので、もうしばしお待ちを。
2010/03/23 21:34  | URL | 蔵六 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/71-d6cd1456
| メイン |