2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
忘れ去られた聖地 ~金胎寺~
- 2007/08/17(Fri) -
京都の南。宇治よりさらに南東。
未開の地と言っても言い過ぎではない程の山奥に、
かつて霊峰と呼ばれた「鷲峰山(じゅうぶさん)」という
南山城の最高峰がひっそりとたたずんでいる。
そしてその山頂付近には、人々に忘れ去られたような
古寺がある。
それが、「金胎寺(こんたいじ)」である。

金胎寺は、山岳霊場の拠点として7世紀終わりごろに開かれ、
大和の大峰山と並ぶ2大霊峰の一つとされている。

しかし、今や人の訪れることもまれな、
古びた山寺と言う様相を呈している。

この金胎寺、たどり着くには相当の山道を進んで
いかなければならない。
宇治市から宇治田原町の山道を抜け、
何処に通じているかもわからないような細い林道を
ひたすら登っていく。
茶畑

途中、突然茶畑が広がったのには驚かされた。
こんな山奥にわざわざ茶畑を作らなくても…
さすが宇治と言うべきか…

その茶畑を過ぎると、程なく金胎寺の入り口に到着する。
金胎寺入り口

車を停めて、坂道を登っていくと、山門が見えてきた。
ここが、金胎寺である。
門

歴史を感じさせる建物。
風情と言うよりは、朽ち果てた…というイメージが強い。
かつての栄華を思わせる面影はなく、
ただ静かに、ひっそりと時を積み重ねてきたような感じである。
堂

塔

1300年の歴史を誇るこのお寺も、
やがては自然と共に風化していく運命なのだろうか。

その建物の脇に、山頂へと通ずる小道がある。
この道にも草木が覆いかぶさっており、
押し分けながら進まなければならない。
頂上の明るみを目指して歩くこと5分、
山頂に立てられた、「宝篋院塔(ほうきょういんとう)」が
見えてきた。
宝きょう印塔

ここにもまた人の気配はなく、
妙に大きく成長したトカゲと虫の音が迎えてくれた。

だが、この山頂からは、なんと遠く琵琶湖や比叡山が見渡せる。
ずっと山の中を走ってきたのに、
こんな遠くまで見渡せる眺望が広がっていることには驚かされた。
この景色が霊峰として崇められてきた所以なのだろう。
かつての修行僧たちも、人里離れたこの山寺までたどり着き、
この景色を眺めながら、鷲峰山という山の神秘を感じたのだろうか。
琵琶湖を望む

現代の車でなら、京都市内より1~2時間の道程だが、
まともな道もない平安~鎌倉時代の修行僧たちが歩いて
この険しい山に登って来たこの秘境の地で、
遙か先に、琵琶湖を眺め、比叡山を遠望できるこの場所を
霊峰として崇めた理由がここにあるのではないだろうか。


この金胎寺から行場巡りという、かつての修行場であるらしい、
山岳コースに行くことができる。
行場巡り

このお寺に貼られた写真を見る限り、
鎖で岩を登っている、スーパーデンジャラスアドベンチャーな
場所ではないだろうか。
残念ながら、ここに行けるのは2時までということで
今回は断念せざるを得なかったが、
我こそはという方は、是非チャレンジしてみてはいかがだろう。
非日常的な恐怖が味わえるに違いない。

この記事のURL | 京都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秘境中の秘境 ~芦生の森~(前編) | メイン | 幻想のススキ野 ~曽爾高原~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/7-c9b2fba0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。