2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
裏見の滝 ~次の滝~
- 2009/07/25(Sat) -
和歌山県有田川町の生石の山あいに、
裏見ができるという「次の滝」がある。

山間の集落

生石という場所は、かなりの山深きところだが、
このように山間の谷を囲むように集落が点在している。
おそらくは斜面に造るミカン畑を広げるために発展したものだと
思われるが、
急斜面に造られた集落・畑・棚田などはなかなか壮観な眺めだ。

滝のある雰囲気ではないが

次の滝もそんな集落のちょうど裏手にある。
車を停めて、ミカン畑や民家の横の道を歩いていくのだが、
まったく滝のあるような雰囲気ではない。

だが、いったん、右手の山を越えるように進むと、
すぐに次の滝の遠景を見ることができる。


次の滝展望台

展望台に到着すると、目の前の大きな崖に
一条の白い流れを見ることができた。
次の滝アップ

昨日までの雨で、水量も上々。

緑の生い茂る岩壁を切り裂くように流れ落ちていく。
なかなか見応えのある滝だ。

次の滝」と言うのは、紀州で那智の滝に次いで素晴らしい滝、
という事からつけられたようだが、
特に高さが2番目というようなものではない。

紀伊山地の奥地には、那智の滝レベルの滝がゴロゴロしているが、
大阪府下から簡単に行けるという意味では、
この次の滝が2番目といえるかもしれない。
むしろ那智の滝までもかなり遠く、そういう意味では、
この次の滝が和歌山お手軽秘境滝No.1かもしれない。


さらに道は続く

展望台からさらに道は続いており、
滝のすぐ近くまで降りていくことができる。
ここからが、今回の核心部である裏見の滝への道だ。


滝の側まで来られる

木々が生い茂り、先ほどの明るい雰囲気から、
ぐっと秘境の香りが漂う山道へと変わる。
そんな道を5分ほど歩くと、次の滝の流れ落ちる水が
見えてきた。

奧に洞窟が

滝壺の近くまで降りてみる。
これだけの水量でも、これ以上は水しぶきが激しくて
近づいてシャッターを切ることはできないぐらいだ。

岩肌をほぼ90度に滑り落ちてきた滝は、
最後にオーバーハングした岩からジャンプしたようになって
滝壺に叩きつけられる。

ちょうど出っ張った岩の奧が暗くなっており、
どうやら洞窟のようになっているようだ。
そこまで辿り着くことができれば、裏見の滝が楽しめるはずだ。

横から見る滝

一度、来た道を戻り、滝壺へ降りる前の道へ。
そこから滝の裏側へと回り込むように進む。

横側から見る滝はちょうど陽が当たって、
白く輝いている。
ここまで来ると辺りは水蒸気が漂い、
湿気を帯びた涼しげな空気の中に包まれる。

さらに、濡れた足場に気をつけながら進んでいくと、
先ほどの洞窟のような場所へとたどり着く。

滝のカーテン

キラキラと輝く光と水のカーテン。
裏見の滝は、滝の魅力を再発見させてくれる。

見上げると、先ほど遠景を堪能した展望台も見える。
さらに見上げると、晴れ渡る青空も見える。

晴れているのに目の前は土砂降りの雨。

天気雨。
真夏の猛暑に涼を与えてくれる通り雨のような、
なんだか懐かしい感じがした。


=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<流爽ヶ滝 ~龍双ヶ滝~ | メイン | 遮る物の無い眺望 ~生石高原~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/59-e233d124
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。