2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
番所ノ鼻 ~紀伊水道の見張り番~
- 2009/04/26(Sun) -
江戸時代は紀州藩が海の見張り場所として、
番所を設置していたという。
だから、もっと古めかしいイメージがあったのだが、
行ってみてびっくり。
なんだか場違いな感じもするきれいな庭園になっていた。

それもそのはず、番所庭園という名前の有料庭園になっているのである。
日本庭園のような

日本庭園のような・・・気もするが、
西洋のテラスのような気もする。

西洋風のテラスに松の木が植えられているのが、
モダンな感じ・・・なのか??


番所ノ鼻というのは、和歌浦湾に突き出た鼻のような場所で、
しかも断崖絶壁の上に位置しているために、海の見晴らしはとても良い。
かつて船の監視に利用されていたというのも納得の場所である。

桟橋が見える

その左岸を見ると、桟橋の跡のような物が見える。
かつて、海の警備のために造られた船着き場なのだろうか。

今は使われていないようだ

入り組んだ入り江の奧、番所ノ鼻の付け根の辺りに、
今は使われていなさそうな桟橋跡が残っていた。
コンクリートでできていることから、
江戸時代の物ではなさそうであるが、
江戸時代にもここに桟橋が設置されていたに違いない。

紀伊水道を通り、大阪湾に入る船を、
番所ノ鼻の先で発見し、検分のためにここから船を出す。
そんな感じの使われ方をしたに違いない。


広い芝生広場

番所ノ鼻の先を目指して歩いていくと、
こんなに広い芝生のテラスが広がっている。

バーベキューなどもできるようだ。
確かにこれだけきれいな眺めの中で
バーベキューができれば気持ちいいだろう。


船が通り過ぎていく

番所ノ鼻の先に立つ。
目の前にはさらに岩でできた二つの島が浮かんでいる。
その間を船が白いシュプールを描きながら通り過ぎていった。


=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<消える川 ~識蘆の滝~ | メイン | お寺ワンダーランド ~信貴山朝護孫子寺~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/54-6bbbb020
| メイン |