2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
右へ左へ ~七滝八壺~
- 2009/01/24(Sat) -

右へ左へ七滝八壺
冬の吉野。
その東の果てに、岩壁に囲まれた静かな空間に、
右へ左へと流れを変えながら落ちていく滝がある。
その名も姿通り、七滝八壺
小さな滝壺と流れが連続して続く優美なを見るべく、
東吉野村へと向かった。

行き行く先は白く煙る

国道169号線を東へ。
吉野山をやり過ごし、津風呂湖付近で370号線へと進む。

吉野も東に進むにつれ、
雪が深くなってくる。
前方に見える山々は白化粧。
時折、雪煙が舞う。

七滝八壺の待つ山まで無事につけるだろうか。
少々不安になりつつも車を走らせる。

次第に道が細くなり、道路の両側には雪が積もりだした頃、
何とか無事に滝へとたどり着くことができた。

吊り橋から

これが七滝八壺の第一段目。
滝の横に吊り橋が架けられており、
ちょうどその横へ滝が流れ落ちている。

吊り橋を渡り、奧へと進むと七滝八壺の本体がある。


いつものアングル

吊り橋と言えばこのアングル。

さすがにこの山奥まで来ると、
道路は大丈夫でも、人通りの少ない吊り橋などは
雪がかなり積もっている。

いまだに雪がぱらつき、空は灰色の曇天。
吊り橋の先は木々が生い茂り、
少ない日光を遮っているため、
まるで別世界に踏み込むような感覚だ。

深遠なる空間

その別世界の入口を抜けてすぐに、
この別世界の空間に辿り着いた。

総落差は50m。
水量こそ物足りないものの、
周りを岩壁に囲まれた空間は、
「幽玄」という言葉がぴったりである。

滝の姿ではなく、この空間を楽しみたいという滝だった。

=======================
ワンクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<深吉野の逆扇 ~和佐羅滝~ | メイン | 大阪大森林 ~ほしだ園地~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/47-849a620f
| メイン |