2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
一番深い秋 ~みたらい渓谷・秋~
- 2008/11/14(Fri) -
このブログで初めて記事にしたのが、みたらい渓谷だった。
その時のタイトルは「関西屈指の渓谷美」
一度、紅葉の時期に訪れたいと思っていたが、
やはりここはその名に恥じぬ美しさだ。
美しい渓谷が続く
まだ紅葉の色づきはもう少しと言ったところだが、
深緑に囲まれた前回の訪問に比べ、
まだら模様に色付き始めた山々はまた違った趣がある。

秋も深い渓谷

この日はもみじ祭の開催日で、
交通規制が引かれていたので、
それが解除される夕方4時を過ぎてから訪れてみた。

やはり、自然の美を堪能するには人が少ない方がよい。
すでに日が傾き始めていたが、
その分人はまばらで、駐車場にも苦もなく停めることができた。

橋

みたらい渓谷は観光地化されているため、
こうした立派な橋が谷に架けられており、
渓谷美を上から堪能することができる。

観光地化される事には議論もあるだろうが、
みたらい渓谷程度の観光地化なら自然にマッチしていて
許される範囲だと思う。
ましてやこの橋や階段がなければ、
この深い渓谷に足を踏み入れることすらできないだろう。

紅葉はもう少しか

前回の訪問時には北側の洞川方面から山の中を歩いてきたが、
今回は時間もないのでみたらい渓谷すぐそばの駐車場に停めて来ている。
ここからだといきなりクライマックスだ。
崖の横の階段を登り、滝を脇目に吊り橋を渡ると、
巨岩が転がるスケールの大きな深い渓谷が広がる。
渦巻く水
岩岩の間を澄んだ水が複雑な流れとなって渦巻いている。
その水の流れを眺めているだけで、
一日中過ごしていられそうだ。

まだら模様の山々

赤や黄、そして緑が重なり合った山の木々は、
書きかけの油絵のキャンバスのようだ。

一番深い秋がここにある。




=======================
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、
気に入って頂けたなら、一票お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大峰山の玄関口 ~龍泉寺とかりがねの橋~ | メイン | 瞬間タイムスリップ ~流れ橋~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/42-2b8154ab
| メイン |