2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天空の城 ~竹田城~
- 2008/07/12(Sat) -
天空の城。
それは空想や想像の世界ではなく、実在する。

和製マチュピチュとも言える壮大な山城跡、「竹田城」を訪ねた。


竹田城見取り図


播但道和田山インターからすぐの場所に、この竹田城は存在する。
標高353.7mの古城山の山頂に築かれた城で、
中心に本丸を抱き両翼を大きく広げたような形をした城である。

山城だけあって、相当な登りを覚悟しなければならない。
車で急な坂道を登り、山の中腹あたりに駐車場が整備されている。


近道を行く

ここから竹田城に行くには、散策道とこの近道があるが、
迷わず近道を選択。
しかし、こちらの道はなかなかの急坂である。
がんがん登る

天空の城への期待を胸に、がんがん登る。
登る、登る。
されど、まだ城の雰囲気すら現れてこない。
どんどん登る

されにどんどん登る。
さすがにここまで一気に登ってくると息も上がってくる。
だが、まだ城の姿は見えてこない。

そうして登ること15分。ようやく石垣が見えてきた。
石垣が見えてきた

想像以上の立派な石垣だ。
どうやってここまで運んできたのか不思議なほど。
そびえる石垣

見上げるとさらに立派な石垣が続いている。
建物は残っていないが、この石垣が過去の栄華を想起させる。
そして今や石垣に緑が包み、神秘的な雰囲気すら漂う。
難攻不落の城

難攻不落の城。
この山の頂に築かれた竹田城に攻め込むのはまず不可能ではないだろうか。
頂にせり出すように石垣が組まれ、相手を威圧するような風貌を見せている。


さらに本丸へ向かって登り続ける。
外敵から身を守るために造られた城だけあって、
まっすぐには登らせてくれない。
何度も石垣の迷路を迂回させられながら、本丸跡へ辿り着いた。

そこには言葉を失うような壮大な風景が広がっていた。

天空にそびえる


翼を広げて


眼下に広がる町並み。そしてその上に浮かぶかつての要塞。
まさに天空の城にふさわしい姿だ。

播但道遠望


先ほど通ってきた播但道が見える。
現代の技術を結集した高速道路という建築物も、
この天空にそびえる城の前では、ただの一風景と化していた。




=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 兵庫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<緑の草原 ~砥峰高原~ | メイン | 末広がりの滝 ~御船の滝~>>
コメント
- はじめまして! -

先日、ちょうど竹田城に登りにいったばかりなんで
なつかしくて思わずかき込みしちゃいました。

気軽にいってみたんですけど結構大変な山道で、
帰り道にすれ違う年配の方々は、あと何分という
ワタシの発言に途中で引き返される方もいました(笑)。

しかし素敵なホームページですね♪
わたしもこういった秘境が大好きで、いろんなところに
行ってみたいと思っているので
ブックマークして参考にさせていただきます!
2009/06/24 12:35  | URL | さっかん #EBUSheBA[ 編集] |  ▲ top

- Re: はじめまして! -

コメントどうもありがとうございます。

竹田城は今の季節だと、
登るだけで汗だくになってしまいますね。

でも、実は駐車場をスルーして、
細い道をずっと車で進んで終点まで行けば、
かなり近い場所までたどり着けるみたいです。
駐車スペースは小さいですが、
年配の方に教えてあげれられれば良かったですね(^_^)

コメントをいただけると励みになります。
またよろしくおねがいします。


> 先日、ちょうど竹田城に登りにいったばかりなんで
> なつかしくて思わずかき込みしちゃいました。
>
> 気軽にいってみたんですけど結構大変な山道で、
> 帰り道にすれ違う年配の方々は、あと何分という
> ワタシの発言に途中で引き返される方もいました(笑)。
>
> しかし素敵なホームページですね♪
> わたしもこういった秘境が大好きで、いろんなところに
> 行ってみたいと思っているので
> ブックマークして参考にさせていただきます!
2009/06/25 00:09  | URL | 蔵六 #-[ 編集] |  ▲ top

- はじめまして -

はじめて、コメントさせていただきます。

数ヶ月前に、貴ブログで竹田城跡を拝見し、
いつか行って見たいなと思っておりました。
時間を見つけ、昨日、電車にゆられて行ってきました。

私も、近道の険しい山道に挑戦がてら、あえて選択しましたが、汗のかく量が半端ではなかったです。着替えをもっていって正解でした。

石垣が見え、城跡の全貌を見渡すと、期待を大きく上回る絶景と、少し歩くと姿が変わる石垣の美しさにとても感動しました。天気もよく、風も気持ちよかったので、つい長居してしまいました。すごく気に入ったので、四季の違った姿も見てみたいと再訪の予定です。

素敵なスポットをご紹介頂きありがとうございました。



2011/09/09 02:55  | URL | よしや #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: はじめまして -

よしやさん、こんにちは。

竹田城、下から登られたのですね。
暑い中、お疲れ様ですね。
苦労してたどり着くと、景色も一段と素晴らしく見えますよね。

竹田城、確かに四季の違った姿も見てみたいですね。
緑の映える時期が一番見ごたえがありますが、
秋から冬にかけての雲海に浮かぶ竹田城も一度は見てみたいです。

2011/09/09 22:29  | URL | 蔵六 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/34-c13ef316
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。