2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
末広がりの滝 ~御船の滝~
- 2008/06/22(Sun) -
上から見下ろしてみるの図



奈良県川上村というのは、本当に滝のメッカで、
至る所に大小様々な滝が存在する。
以前訪れた滝の中にも、蜻蛉の滝明神の滝
そして洞窟の中に流れる不動滝と、
いづれも特徴のある見応えのある滝ばかりだ。

今回向かう御船の滝もまた、すばらしい景観を楽しませてくれる
A級ランクの滝だろう。

実はこの滝、冬には凍り付いて美しい氷瀑を見せてくれる。
それを見られないかと年の瀬に訪れてみたのだが、
途中の道から積雪で車が乗り入れられない状態。
その時は装備も何も無いので断念してしまった。

今回はそのリベンジとなったが、積雪のないこの季節なら
まったく苦労せずに辿り着く事ができる。

国道169号線から井光川沿いの道に入って進む。
途中、キャンプ場の駐車場や看板があるのでわかりやすい。
林道に入ってしばらく進んでいくと、
まず辿り着くのが、この岩戸の滝。
岩戸の滝

深い森の奧から流れ出してくる二段の美しい滝だ。
滝見台もありベストポジションから見ることができるが、
滝壺近くまで行くことはできないのは残念。

この岩戸の滝からさらに車を進めると、
御船の滝の看板を発見することができる。
御船の滝入り口


滝へ130m。
ほんの少し歩けばよい、お手軽な秘境の滝だ。

滝へと続く道

滝へと続く道も、ちょうど渓流の上に橋が渡してあり、
簡単に進むことができるようになっている。

秘境探検とは行かないが、渓流の上を歩くのは、
日本庭園に架けられた橋を渡るような気持ちよさがある。
沢に足をつっこんで遊んでも良いだろうか。

木々の間から滝が


すぐに御船の滝の姿が見えてくる。
木々の間から水の流れ落ちる雄姿が見えてくる。
この瞬間のワクワクする高揚感が好きだ。


末広がりの滝


これが御船の滝全景。
流れ出た水が途中に突き出した岩に当たって砕け、
奇岩の間を広がっていくように流れ落ちていく。

何というか写真うつりの良い滝だ。
末広がりになっていく水の流れもまた、縁起がよい。

落差約50m。川上村ではさほど突出した高さではないが、
この滝には繊細さを兼ね備えた秀麗さがある。

近づいてみた


流れ出した時は一つの塊だった水が、
流れ落ちる時には幾筋もの水流となっていく。
この流れ方が、冬には氷瀑となる所以なのだろう。
自然のシャワーとなってあたりにひんやりとした空気が漂ってくる。



=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<天空の城 ~竹田城~ | メイン | 洞窟の中の滝 ~不動窟~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/33-6387e290
| メイン |