2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
理想的な放物線を描く滝 ~明神の滝~
- 2008/05/05(Mon) -
明神の滝


切り立った崖からまっすぐに落ちていく、
まさに正統派の滝と言った感じである。
この滝は、奈良県川上村の山深くにある「明神の滝」と言う。

ここへ行くには、ある程度場所を調べていった方がよい。
国道169号を南下、大迫ダムを東に折れて渡り、
しばらくダム湖沿いの道を走ると入之波温泉が見えてくる。
それを越え、左側に見えてくる入之波大橋を渡ってさらに進む。
途中、舗装路が無くなる場所も数ヶ所あり、
不安になりながらも、行き着く先まで進もう。

滝への登山口には比較的広いスペースがあり、
10台近くは車を停められる場所がある。
明神の滝への入り口でもあるが、明神の滝の先にはカクシ平と言って、
15世紀初めに南朝が行宮を構えたと言われる場所がある。
そのカクシ平までの登山口として、ハイカー達のご用達の駐車場と
言ったところだろうか。

とはいえ、深い深い山の奥地である。
よくもまあ、こんな山奥に行宮を…と言った感じなのだが、
そこまで行くには片道1時間。
それなりの覚悟が必要だろう…(私は明神の滝で引き返しました)

木の橋


明神の滝までのアプローチはアップダウンの激しい山道。
途中、崩れた崖に架けられたのか、丸太の橋が何ヶ所かあった。
不安定なもので、一歩足を踏み外すと崖の下に。
こんな秘境の地である。なかなか人も通らないだろう。
落ちて動けなくなったら、命に関わる。
滑らないよう慎重に進む。

森の中を進む


さらに森の中を進んでいく。
鬱蒼とした杉の木に囲まれ、あまり日差しは射してこない。
そのせいか、辺りはジメジメと湿った空気が漂っていて、
このように苔に覆われた岩肌や倒木に何度も出会うことができる。
何か不気味な雰囲気すらある。
あまり心地よいハイキングとは行かないかもしれない。

と言うのも、この辺り一帯は、山蛭のメッカとして有名で、
まだシーズンには少し早いものの、
知らぬ間に蛭に血を吸われているのでは無いかと、
想像の中の蛭におびえていた、と言うこともある。

結局、蛭の姿は見えなかったが、
あまり山蛭のシーズン6月~10月頃は避けた方が良さそうらしい。


進むこと約30分
木々の間から

ようやく木々の間から、白い放物線を描く明神の滝が見えてきた。
歩くにつれて滝の轟音が響き渡り、
その優美な姿も大きくなっていく。

放物線を描いて


この日は水量も十分。
崖から放たれた大量の水が、空中で放物線を描き、
美しい滝壺へダイブする。

落差は約30mと、この地方で平凡なものだが、
水の描く放物線の美しさは関西屈指ではないだろうか。

ダイレクトに滝壺へ落ちていく滝は、直瀑と言って、
関西では少ないのである。


滝の前は河原になっていて、弁当を広げて休憩することもできる。
しばらく滝を眺めながらぼーっとしているのも良いだろう。

水の塊が落ちてくる

水の塊が水面に叩きつけるように次々と落ちてくる。
まさに理想的な直瀑。

近くで見れば豪快。
遠望すれば優美な滝。

この秘境の地に逃げ延びてきた南朝の皇族たちは、
この滝を見て何を思ったのだろうか。

「明神」とは、神が明らかな姿をもって現れることを言うらしい。


=======================
ゴールデンウィークに入って、アクセス急上昇中!
ランキングに注目です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<洞窟の中の滝 ~不動窟~ | メイン | 湧水の渓流 ~エチガ谷~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/31-080a1581
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。