2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
比良の雪解け ~揚梅の滝~
- 2008/03/23(Sun) -
昨日から降り続く雨。
そして急に暖かく春めいてきた季節。
雨水と雪解け水が合わさって、山間の滝はさぞかし迫力のある滝へと
変貌していることだろう。

今、滝を見に行かねば。

そんな脅迫観念にも似た気分で、
さてどこへ行くかと思案する中、
比較的近場で簡単にいくことができる、
滋賀県、湖西の揚梅の滝を訪れてみることにした。

琵琶湖の西にそびえる比良山系。
ここは関西でも屈指の豪雪地帯。
その麓近くにあるのが、この「揚梅の滝」である。
一応、滋賀県で最大の落差を誇り、JR湖西線に乗っていても、
ちらっとその姿が見られると言うが、
その存在を知る人はあまりいないのではないだろうか。

増水した水が、平凡な滝を名瀑へと変えているかもしれない。
そんな予感は的中した。
増水

駐車スペースに車を停めるとすぐに、
迫力ある水の流れが飛び込んできた。
滝から流れて来たであろうこの川の水は、
ごつごつした岩の上をうねるようにして流れ落ちていく。
これは期待できると、テンションも上がってきた。

川沿いの道を5分も歩けば、揚梅の滝が見えてくる。
雌滝

ここへ来る前に、いくつかのサイトでこの滝の姿を見ていたが、
どれもこれも崖にそってにちょろちょろと優しく流れる滝であった。
しかし、目の前に見える滝は、
ダムから全開に放水される水のような、
完全な直瀑の滝の姿だった。
落差15mの小さな滝だが、水量がもの凄く、
水しぶきで近づくこともままならない。

激しい水しぶき



揚梅の滝は、滋賀県最大の落差を誇る滝と書いた通り、
この滝は雌滝と言って、揚梅の滝の一部でしかない。
この位置からは見えないのだが、雌滝の後ろに
大きな雄滝が控えている。

その雄滝を見るには、山を登り滝見台まで行く必要がある。
すぐに見られるかと思って油断していると、
山道を10分ぐらい登る必要があり、そこそこ疲れる距離である。

雄滝遠望

これが揚梅の滝の上段、雄滝の遠望である。
ここも下流の滝と同様に、水量が増えて
雄大な滝へと変わっていた。
豪瀑

いつもは山肌を水が筋になって滑り落ちていく感じらしいが、
今日目の前に広がっているのは、
水の塊が次々になだれ落ちていくような豪快な滝である。

いつもこれだけの水量が流れていれば、
日本百選の滝はおろか、関西を代表する滝になり得るのではないだろうか。
そうすれば、この周りも観光地としてもう少し栄えてるかもしれない。

壮大な滝


雄滝の下側は木々に隠れてよく見えないが、
白い水の流れがずっと下まで続いているようだ。
今日ばかりは緑の隙間から白い飛沫が見え隠れしている。

揚梅の滝はこの雄滝から雌滝まで大小様々な滝をあわせて、
総落差75mになるという。
この日はその5つの滝が一つになり、
まさに落差75mの名瀑が目の前の光景に広がっていた。

比良の雪解け。
春の息吹。


=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 滋賀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サクラのシュプール ~奥琵琶湖パークウェイ~ | メイン | 篠山蕎麦道楽 ~一会庵~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/27-6ced6d27
| メイン |