FC2ブログ
2019 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 06
牢獄の観瀑台 ~竜化の滝~
- 2019/04/07(Sun) -
久しぶりの更新です。
なかなか筆が進まず申し訳ない。

間が空いてしまったが、栃木県の滝巡りの続き。

DSC06978.jpg

スッカン沢から北上して那須塩原の竜化の滝を目指す。
かなり観光地として整備された滝で、駐車スペースも豊富に用意されていて
トイレも併設されている。

写真はレンタカーでお世話になっているのデミオ君。
ディーゼルモデルなので小さい体でぐんぐん進む。
ドライブもとても楽しい車です。

DSC06870.jpg


竜化の滝の遊歩道ルートはちょっと変わっていて、
最初は道路に並行した形で遊歩道が設置されていて、
道路を見ながら歩くという変なルートです。
おそらく駐車場の場所の問題でこんなルートになったのだと思うが、
滝の目印だけ見つけて最短ルートでナビをしていると
この駐車場と遊歩道の入り口は見落とす可能性大。
途中からは遊歩道に入れません。

DSC06977.jpg

道路の向こうの川にかかっている滝は布滝。
落差はないが本流の流れで迫力もあり、広い滝壺も魅力的なのだが、
なにぶん距離が遠い。
せめて道路横のガードレールの上からのぞきたいが、
この道が結構な交通量でまあまあ危険だから厳しいところ…
なんとも残念。

DSC06881.jpg

しばらく進んで行くと見えてくるのが抛雪の滝…の落ち口。
残念ながら、滝の全景を見るためには車道の方を歩いてこなければならない。
先ほど述べたように車道は交通量も多いうえに路肩スペースもなく結構危険。
せっかくこれだけ遊歩道を回り込ましているんだから、
抛雪の滝を見れるルートも作っておけよ…ってツッコミたくなる。

DSC06883.jpg

抛雪の滝の落ち口からは車道沿いから離れて山の方へ進んで行く。
つまりは抛雪の滝の上流に向かって進むことになる。
ここに竜化の滝の遊歩道入口を作れば滝まですぐなのだが…

DSC06903.jpg

次に見えてくるのは風挙の滝。
落差はそれなりだが、周りの緑の濃さと白い滝身のコントラストが美しい。
この滝はしっかり遊歩道からも近づいてみることができる。

DSC06925.jpg

遊歩道入口から15~20分程度で竜化の滝へ到着なのだが、
見えてきたのは鉄とコンクリートの階段。

DSC06927.jpg

そしてその先にあるのはシェルターのような建物。
これが滝好きの間では悪名高い牢獄のような観瀑台である。
周りが切り立った崖に囲まれているので、 
落石なんかで観瀑台でけが人が出たりしたらどうするんだ、
という役人的な発想で作られたに違いない。

DSC06931.jpg

やはり屋根がついてしまうと、どうしても滝が醸し出す雰囲気は感じづらい。
高い場所から水が打ち付けられる景観に
少し怖さも感じながら見入ってしまうというのが、
滝巡りの中毒性の高い理由であって、
こうやって動物園にでも来たかのように、
安全に滝を見るのはどうも物足りない。

DSC06934.jpg

ただ竜化の滝自体の評価が落ちるわけではなく、
深い谷奥から、右へ左へ方向を変えながら落ちる水は美しい。
写真以上の落差があり、思っている以上の高度感があった。
手前の数段だけが先に見えてきて、
少し奥まで進むと、想像以上に上の方から滝が落ちていてビックリ。

DSC06946.jpg

ただ、滝巡りはやはりちょっと苦労して到達するぐらいがちょうど良い。
竜化の滝もこんな立派な観瀑施設を造らずに、
最低限の道ぐらいを作っておけば良いのだ。
これだけの滝を道なき道を突破して見つけることができたなら、
それは感動するほどの達成感を味わえるだろう。

コンクリートにお金をかけるぐらいなら、
鎖でも設置して上の段まで登れるようにしてくれれば良いのに…
そんなことを言うとお役人さんたちに怒られそうだが。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 栃木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 水の楽園 〜スッカン沢〜>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/260-61d42166
| メイン |