FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
激しすぎる打たせ水 ~新滝~
- 2018/06/17(Sun) -
DSC01523 - コピー

続いては新滝
清滝のすぐ近くに落ちていて、
王滝村を代表する滝行の滝の一つ。
こちらもアクセスは楽で、駐車場からしっかりとした遊歩道を
少し歩けばたどり着きます。

DSC01508 - コピー

入口には新滝参道の看板。
参道の名前の通り、この滝も王滝村では神聖な場所とされており、
御嶽山に上る前には必ずここで身を清めていたという。

DSC01511 - コピー

渓流沿いの道を進む。
日も暮れかけていて今日の滝巡りもこの滝で最後になりそうだ。
時折ゲリラ豪雨に遭遇したこの日の不安定な天候のおかげで、
水量もいくばくかは増えているようだ。
薄暗くなってくる山中で響く激しい流れの音は少々不気味ではある。

DSC01517 - コピー

しばらく歩くと滝が見えてきた。
木々の間に現れる白い帯。
手前には小屋が見える。
滝行用の脱衣場だろうか。

DSC01519 - コピー

近づくとやはりそうだ。
しかし、看板に滝つぼでの「つり」はお止めくださいの文字が。
こんな滝壺で釣りをする人がいるのか!?
なんか、昔行った植魚の滝の滝壺で釣りをする人がいたのを思い出した。

DSC01538 - コピー

小屋の横から滝の下に抜けると、
頭上から大量の水が降り注いでくる。
空中に飛び出した水が塊になって隕石のように落下してくるようだ。

DSC01544 - コピー

落下した水は激しく地面にたたきつけられる。
水量が増えているとはいえ、この下での滝行は殺人行為だ。
いつもの水量は分からないが、この激しすぎる打たせ水で修行するなんて、
どれだけ厳しい鍛錬なんだろう。

DSC01565 - コピー

滝の裏側は洞窟状になっており裏見も可能な滝になっている。
全国にいくつも裏見の滝が存在するが、
たいてい滝裏に祠が作られたりしている。
この新滝も例に漏れず立派な祠が建てられていた。

しかし、こういう後ろで爆音を響かせる滝があるシチュエーションでは、
落ち着いて参拝する気にはなれないのだが・・・

DSC01568 - コピー

振り返ると完璧なまでの裏見の滝
晴れた空から激しいゲリラ豪雨。
落差は30メートル。お手軽滝なのでさほど期待していたわけではないが、
滝の形、水量、シチュエーションとすべて完璧な素晴らしい滝だ。
御嶽山周辺の滝巡りの大トリとして申し分ない。

DSC01574 - コピー

激しすぎる打たせ水は、聖なる水の槍となって地面に突き刺さる。
空中を飛んでいる時間が長いので、落ちる前に水が砕けてしまい
滝壺ができにくい滝なんだろう。
その分、直下まで歩いて行けるので、滝行に適した滝とは言える・・・

いや、待てよ・・・
どっちにしろ釣りができる滝壺ないじゃん。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 長野 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<七段の蛇綱 ~今福の滝~ | メイン | 清めの行場 ~清滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/255-c7ba4c86
| メイン |