FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
緋色の秘境 ~緋の滝~
- 2018/01/19(Fri) -
仙人の滝の次は緋の滝に向かう。
一度駐車場に戻って、少し下ったところに市営露天風呂があるので
そこの駐車場に停めさせてもらう。

滝まで80m

駐車場の隣に滝見歩道の入り口があり、滝まではわずか80メートル。
これは楽勝だと思っていた。

すぐに到着

濡れた木道は少々滑りやすいので気を付けながら進む。
それでもすぐに展望台までたどり着いた。

木々の間から

木々の間から白いしぶきを上げながらまっすぐ落ちる滝。
森の木々を切り裂くように轟音を響かせる姿はなかなかのもの。
ただこの滝の名前のもとになった緋色の景色は見ることができない。

よく見えない

少し角度を変えてみるものの、今度は滝壺が見えず、
どうも消化不良。
もうちょっと近づけないものかとあたりを見回すと、
少し降りたところにも気の柵があるのに気が付いた。
もしやそこにも展望台があるのでは。
ただそこに降りていく道がない…。

隠し通路

少し滝見歩道へ戻ったところに怪しい草むらがあった。
熊笹の間を抜けられそうな空間がある。
おそらくここが下の展望台へ続く道に違いない。

急斜面

草をかき分けながら抜けると、やはり下へ降りる道が現れた。
木の手すりの残骸のようなものがある。
かつては階段があったのかもしれないが、使われないまま
いつの間にか埋もれてしまったのだろう。

かなりの急斜面だが、ここなら何とか降りることができるだろう。

突破

この斜面、思っていた以上に厳しい。
足元は腐葉土のようになっていて、斜面に踏み込むと土ごとずるっと滑ってしまう。
それでも何とか慎重に降りて突破。
見上げてみるとなかなか険しい道。
あまり一般の人にはお勧めできない道だった。

ベストポジション

さて、やはりこの展望所がベストポジション。
先ほどとは違ってここからなら緋の滝の全景を見渡すことができる。
滝壺の水は濁河温泉の名前の通り白く濁っていて、
水に温泉成分が混ざっていることがわかる。

赤き滝壺

その温泉成分が岩に付着したのだろう。
滝壺の周りの岩は赤褐色に染まっていて、これぞまさに緋の滝
超お手軽滝のはずだったが、緋の滝の真の姿を見るためには、
険しい道のりを突破する必要があったのだ。

緑の中の落ち口

ツルツルになった岩肌を滑り落ちていく白い水。
この水が下流側にもたくさんの滝を作っていて、
この辺りは日本一の滝のメッカとなっているのだ。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<流木たちの終着地 ~材木滝~ | メイン | 大地の息吹 ~仙人滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/250-900a7b50
| メイン |