2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宝石の落ちる滝壺 ~あかがねとよ~
- 2017/10/14(Sat) -
日本一滝が多い町を標榜している岐阜県下呂市の小坂町。
大小200もの滝があり、小坂の滝巡りと称して滝ツアーが開催されるまさに滝の町。

小坂の滝の中でも一番大きな滝は日本百選にも選ばれている根尾の滝だが、
滝までのアプローチが長いダート道ということで途中まで進むも
やはり普通車では厳しく、途中で断念。
ダートに入って1.5kmほどの場所にあるあかがねとよまでは
何とか進んで訪れることにした。

ダート道

巌立峡からダート道を1.5km。
普通車で慎重に進めば、この駐車スペースにたどり着く。
根尾の滝までも頑張れば普通車で進めそうだが、
やはり気を遣うので無理をせずここまで。

階段を降りる

看板の横から谷に降りる道を進む。
少し中に入れば、途端に大自然の中。
湿気に満ちた森の中で緊張感が高まる。

水があふれてくる場所

すぐに水の流れる場所にたどり着く。
断続的に雨が続くこの日、やはり水量は多い。
広い面積に水が流れていて、
なんとも原生的な渓流林の雰囲気。

右へ進む

看板があって、右があかがねとよ
左は隣の谷の唐谷滝
まずは右奥に水がグリーンに光るあかがねとよを目指す。

橋を渡ると正面に

近づくにつれてグリーンにの水が見えてくる。
あかがねとよは雨の少ない時期は滝にならずに枯滝になる時もあるようだが、
この日はたっぷりの水量。

枯れることもあるというが

正面まで近づいてみる。
噂に違わぬ美しい滝壺を持つ滝である。
薄いグリーンの水が波立ちながらどんどん押し流れてくる。
これだけの水量なのに濁りは全くない。
あかがねとよは水が落ちていなくても滝壺の水が枯れることはないという。

あかがねとよ

実際に落ちる滝の水より伏流水がたくさん湧き出ているのかもしれない。

この日はグリーンだったが、日によってはブルーになったり透明になったり
いろいろな色に変わるらしい。
色とりどりの宝石を落としたような魅惑の滝壺。

豊富な水量

あかがねとよという一風変わった名前は、
滝の岩壁が赤金・銅の色に見えることから来るらしい。
滝壺の水が多くてあまり落ち口に近づけないので、
赤金色には見ることはできなかったが、
グリーンの水はいつまでも眺めていたいような魅惑の滝壺だった。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<恐竜の鱗 ~唐谷滝~ | メイン | 四つの美瀑 ~横谷峡~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/246-8218fb3a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。