2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
稲妻バレイ ~川浦渓谷~
- 2017/09/23(Sat) -
モネの池の次にどこに行こうかと行き着いたのが、ここ川浦渓谷
モネの池から車で北に30分。ここまで来る人は少ない。

川浦渓谷の橋の上から

川浦と書いて「かおれ」と読む。
到着するとすさまじい高さの谷に橋が架かっていて、
そこから見下ろすと怖いくらいの高度感。

反対側

橋の反対側は美しいグリーンの川。
まさに渓谷美といった感じ。

遊歩道を歩く

遊歩道も通っているので、車を停めて少し歩いてみることにする。

切り立った崖の上

遊歩道から川を見下ろすとギザギザに切り立った谷底。
そして美しくもエメラルドグリーンの川。
とてつもなく長い時間をかけて、グリーンの水が谷を削っていったのだろうか。

トンネルがあったり

途中でトンネルがあったりもする。

東屋が見えてきた

トンネルを抜けると東屋が見えてきた。
のんびりするならここでのんびりするのも良いだろう。

稲妻のような谷底

東屋の裏からまた谷をのぞき込むと、
やはり稲妻のような切り立った崖。
谷底の狭い場所に水が流れている。
近くに降りてみたいが、崖が険しすぎて、とてもではないが降りれるような場所はないようだ。

奥に小さな滝

さらに遊歩道を進んでいくと、細い滝がかかっている。
前日にかなり雨が降っていたのにこの水量ということは、
普段はほとんど水が流れていないのかもしれない。
細い流れから白糸の滝とでも名付けられそうだが、
どうも名前はないようである。

滝は渓谷の奥底に

岩肌をつたうように流れていき、最後は谷底の川に流れ込んでいる。
水量がないので滝は水しぶきを上げず、
岩の上に沿って静かに落ちている。
なかなか面白い形だ。

川は合流する

滝の落ちた川は支流で、今立っている橋の下を通り、
本流の川浦渓谷へと流れ込んでいる。

遊歩道は10分程度で回れるお手軽渓谷。
川浦渓谷はお手軽に絶景が楽しめる穴場スポットだった。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<四つの美瀑 ~横谷峡~ | メイン | 名もなき池 ~モネの池~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/244-6a258e4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。