2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
世界の終わり ~秋吉台(秋吉台カルスト展望台)~
- 2017/05/28(Sun) -
石灰岩がのぞく

山口県といえば、秋吉台
地理の授業で習ったことをなんとなくずっと覚えていて、
山口県に来たら必ず行ってみたかったのがこの秋吉台だ。
日本三大カルストの一つであり、日本最大のカルスト台地
珊瑚の化石からできたと言われる石灰岩に覆われた石の大地。

見渡す限りの平原

石の大地と思っていたのだが、来て見ると一面の大草原で、
石灰岩がむき出しになっている場所は意外に少ない。
ほんとに見渡す限り何も無い大平原で、
時間的に日没前と言うこともあり、観光客もほとんどいないので、
ぽつんと世界に一人取り残されたかのような感覚になる。

ドリーネ

草に覆われてよく分からないが、
ところどころにドリーネといわれるすり鉢状の窪地が点在している。
ドリーネとは雨水になどによって石灰岩が浸食されてできた言わば穴で、
ドリーネの中心部から地中深く鍾乳洞につながっていたりすることもある。
草に覆われてみることはできないが、
点在するドリーネの中心部には地中世界に続く入口が穴を開けているのかもしれない。
不用意に穴の底を探索しようものなら、
誤って地中へ転落する危険もあるのだ。
なんせ、この地中深くには秋芳洞といわれる、
いまだ全容がつかめていないほど巨大な地下空間が存在しているのだから。

秋吉台

秋吉台カルスト展望台から10分ほど歩いて、
大平原のど真ん中にやってきた。
ほんとに世界の中心に一人立たずんて居るような場所だ。
一本取り残された木と同じく一人取り残された私。

月が昇る

しばらく何も無い台地を歩いていると、日が暮れてきて
空に月が上がっているのが見えてきた。

夕焼け

石灰岩の白い塊も黒いシルエットへと変わる。

秋吉台の夕焼け

夕焼けに支配されいく台地はまるで世界の終わりのように美しい。
何も無い空と大地に囲まれていると、
逆に自分と言う異物が強く意識してしまう。
自意識の中で展開されるモノローグといったシーンのような感覚。

一日の終わり

旅の最後に秋吉台夕焼けを選んでよかった。
長い山口県の旅も世界の終わりとともに終了。
美しくも寂しい終劇となった。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 巨大な地下空間 ~秋芳洞~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/241-e83e5748
| メイン |