2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
巨大な地下空間 ~秋芳洞~
- 2017/05/21(Sun) -
日本屈指の鍾乳洞秋芳洞
さすがに山口県随一の観光地だけあって大型連休中は人人人!
少しでも人が少ない時間帯を狙って、夕方の訪問であったが、
それでも入口の券売所にはまだ行列が。

いい感じの入口

入口から川の流れる遊歩道を通り、しばらく歩くと鍾乳洞の入口が見えてきた。
川は鍾乳洞の中から滝となって流れ出しており、
入口には白濁したグリーンの淵ができている。
鍾乳洞から湧き出る水だけあって、とても水温が低いのだろう。
あたりにはひんやりした空気が流れて心地よい。

広い洞内

入口に一歩踏み込むと、そこは巨大な地下空間が広がっている。
関西中心の観光鍾乳洞はほとんど巡って来たが、
秋芳洞の空間の広さは桁違い。

暗闇は冒険道

有料で進める冒険道というコースもある。
時間が遅かったので受付時間をすぎてしまっていたので
行けずじまいだったが、懐中電灯を片手に進むルートのようだ。
かなり洞内の上のほうを歩くようで、
懐中電灯の光が天井付近でちらちらと照らしている。
それにしてもかなり高い天井だ。

千枚田

洞内を流れる川に沿って進むと、秋芳洞の代名詞である百枚皿が現れる。
鍾乳洞でよく見かける光景だが、ここまで大きいものは珍しい。
棚田を想起させるように、上から下へとあふれ出した水が時間をかけて落ちていく。
石灰石と水が生み出した芸術作品だ。

天井には蝙蝠

さらに大きな川の流れる洞内を歩いていく。
やはり巨大な地下空間が続いていて、足場もフラットで歩きやすい。
天井からキイキイという音が聞こえるので見上げてみると、
蝙蝠がかなりの数、天井に張り付いている。
ここまで多くの人が訪れる場所なのに、
蝙蝠はまったく意に介することは無いようだ。

洞内富士

洞内富士と称されるこれまた巨大な鍾乳石の山。
本家の富士山は地下からの溶岩が積み重なって出来上がったが、
洞内富士は天井から滴る石灰を含む水が積み重なってできたもの。
造られ方はまったく逆だが、まさに富士山のような巨大な石灰岩の塊。

未知との遭遇

洞内の照明は鍾乳洞としては控えめで、他の鍾乳洞のように
赤や青の照明で幻想的に演出しているわけではないのだが、
ところどころに強烈な照明があって、それがまるでUFOとの遭遇のように見える。
巨大な空間を照らすにはそれだけの光量が必要なのだろう。
鍾乳石が生き物のように長い影を伸ばしてくる。

千町田

次は千町田。
先ほどの百枚皿に良く似ているが、こちらは棚田状にはなっていない。
これもまた水が石灰岩を溶かして作り出した芸術。

黄金柱

秋芳洞も後半になると少し狭くなってくる。
前半は巨大な空間、後半は巨大な石筍が目立つようになってきた。
その中でも圧巻はこの黄金柱。
高さ15メートルもある巨大な石柱で、この巨大な鍾乳洞を
支える大黒柱のようだ。

龍の抜け穴

次に現れるのは龍の抜け穴。
先ほどの黄金柱がすっぽり抜き取られたような縦穴。

地球の歴史

観光洞エリアは約1000メートル。撮影しながら歩いていると、
かなり時間がかかってしまった。
最後は地球誕生から現代に至る大地の歴史を描いたトンネル。
急にムッとした暖かい空気が流れ込んでくる。
出口が近いのだ。

だが、この出口は入った入口とは逆側の出口兼入口。
車を入口の駐車場においているので、また来た道を戻らなければならない。

出口

帰りはさくさく歩いて戻る。
さすがに閉園間近になってきたので、人もまばらだ。
秋芳洞は観光エリアは1000メートルほどだが、実際はもっと広く、
確認されているだけでも総延長は8.5キロメートル。

秋吉台エリアには、この秋芳洞の他に、
大正洞や景清洞があり、400以上の鍾乳洞が存在しているらしい。
しかもまだ新しい鍾乳洞が発見され続けている。
まだ人間が知らないだけで、もっと巨大な地下空間が眠っているのかもしれない。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<世界の終わり ~秋吉台(秋吉台カルスト展望台)~ | メイン | 見守りの滝 ~秋芳白糸の滝~>>
コメント
- -

ブログ拝見させて頂きました。
私は山口県出身で秋芳洞にはよく遊びに行きました。夏場でも涼しい鍾乳洞の中は、気温が高くなってきている近頃ではとても気持ちの良い環境だったのでは、と思います。
秋吉台の場合は鍾乳洞を通った後、地上に出るとバスがあります。元の駐車場に直行するバスで、なんといっても地上のカルスト台地を眺めながら帰ることが出来る点がとても魅力的だと思います。
もし山口県にまだ滞在されるようでしたら、是非もっといろいろな山口の表情を取り上げていただければ、と思います。
長文失礼いたしました。
2017/05/21 10:05  | URL | けんぼー #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

けんぼー様

コメントありがとうございます。
バスも考えたのですが、このあと自分の車でカルスト台地は見に行く予定でしたので、
中途半端に見るのもどうかと思いまして…。
山口県は絶景ポイント多いですね。
訪れたのはだいぶ前なので思い出しながら書いてますが、
また行きたくなってきました。
2017/05/21 21:47  | URL | taisuke #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/240-f968f942
| メイン |