2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
絶界の眺望 ~不動七重の滝~
- 2008/02/16(Sat) -
前鬼の渓谷

なぜか三途の川を連想させた。
切り立った谷底に緑色の色をした川の流れ。
この川の名前を前鬼川という。
前鬼というのは、役行者の従者の一人で、
その子孫がこのあたりに移り住んだことからこの名が付いたという。

奈良県下北山村の西、この前鬼川を遡り、
不動七重の滝を目指した。
途中の道は舗装はされているものの、あまり整備されてはおらず、
道上に小さな岩がごろごろと転がる悪路である。
その道を慎重に進むこと30分、
ようやく念願の不動七重の滝を見下ろすスポットに辿り着いた。
展望台

周りは人が立ち入ることを拒むかのような、切り立った山々。
人ではなく、鬼の住む場所であろう。

不動七重の滝は、その名の通り、7段に流れ落ちる
総落差100mの滝で、日本の滝100選にも選ばれている。
壮大な景色の中で、その桁違いのスケールで落ちていく様は、
関西屈指の絶景であろう。

不動七重の滝

遙か遠くに、轟々と流れ落ちる瀑音。
関西一の山岳地帯の大峰山系から流れてくる水…
この先には熊野古道などがあり、
それは神の領域から流れて来る水のようである。
まさに人智を越えた「絶界」がここにある。

上の滝

この滝見展望台から、谷沿いの道をさらに進むと、
また違う角度からこの滝の眺望を楽しむことができる。
この滝は何段目なのであろうか。

辺りには、滝の流れ落ちる轟音が、
テレビの砂嵐の如く、永遠に響き続けているばかりである。

遊歩道への道

この不動七重の滝は、こうして遠望するのも素晴らしいが、
すぐ滝の側まで下りることができるそうだ。
少し戻ったところにこの遊歩道があった。

ただ、この日はさほどの装備もなく、
時間も遅かったので、そこまで下りていくことはできなかった。

この滝は、かつて見た滝の中でも間違いなく3本の指に入る。
また見に来ることになるだろう。


=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゲゲゲの池 ~沢ノ池~ | メイン | 裏手に隠れた大瀑布 ~隠れ滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/24-e6e31f8c
| メイン |