2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
青い稲妻 〜高樽の滝〜
- 2016/09/11(Sun) -
付知峡の上流に高樽の滝と呼ばれる見事な直瀑がかかっている。
上流といっても車でかなり走らなければならない。
そしてこの道がなかなかの悪路で、
舗装された部分もあちこち穴が空いているし、
ところどころ未舗装のエリアがあるので、普通車では非常に気を使う。
この先に渡合温泉という宿泊施設もあるのだが、
こんな悪路じゃ誰も来ないんじゃないかと心配になってしまうほど。

橋の展望台

距離以上に時間がかかってようやく高樽の滝にたどり着いた。
木製の橋がかかっていてここが展望台になっている。
床板がだいぶ痛んでいたので少々不安ではあるが。
(最近、この橋も崩落の危険があって通行禁止になった噂も…)

どどーんと

橋を渡るとすぐに滝が目に入ってくる。
見事な直瀑。そして下には青い水が流れる付知川。
高樽山から流れて来た川が付知川に滝となって合流している感じだ。

青い川の水

滝壺のかわりに川が淵のように深くなっていて、
深くなればなるほど水の色はブルーに染まる。
付知峡の水も青かったが、その上流はさらに透明度も増しているようだ。
この川を見るだけでも価値があるだろう。

川に下りてみる

橋の先に落ち口の上に出る道があるらしいが、
通行禁止の看板もあったので今回は次の目的地があるので自重。
少しあとで後悔したが…

かわりに橋の横にある階段で下に降りてみることにした。

さらに青かった

階段を降りても河原まで降りられず、崖の途中に展望スペースがある。
そこでは横から高樽の滝を見ることができた。
横から見るとさらに川の水は青く見える。
白い滝の水が青い川に突き刺さって、まるで稲妻のようだ。

実は展望台の下の斜面にロープがかかっていて、
どうもこのロープを伝って河原にも降りれたようだ。
あまり情報を得ずに来ていたので、
降りれそうだけど大丈夫かなぐらいに思っていて、
今回は自重してしまったのだが、こちらもあとで後悔…。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
この記事のURL | 岐阜 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<氷河の爪痕 ~木曽駒ヶ岳~ | メイン | 木漏れ日の谷 ~付知峡~>>
コメント
- トリップノート編集部よりトラベルライターのご案内 -

taisuke様


はじめまして。
突然のコメント失礼いたします。トリップノート編集部と申します。
ブログを拝見し、コメントを残させていただいております。

まず写真がとても綺麗ですね。龍神の滝や大山滝など、大自然の迫力が写真を通してひしひしと伝わってきました!文章もリズムがあって読みやすく、とても楽しく拝読させていただきました。

私共の運営する、オンラインの旅行マガジン&ガイドブック[tripnote]では、現在、旅行に関する記事を書いてくださる《トラベルライター》を募集しておりまして、特に旅行についての情報発信を積極的になさっている方へお声がけさせていただいております。

《トラベルライター》の具体的なお仕事内容としましては、ご自身で訪れた経験のあるスポット(観光名所や旅先のレストラン、ショップなど)について、ご自身で撮った写真を中心に記事を執筆していただくお仕事で、基本的にこちらから記事のテーマを指定することはなく、トラベルライターさんご自身が、紹介したいスポットを決めて記事を書いていただく、在宅での業務となります。

報酬としましては、1記事につき固定報酬500円+従量報酬(有効なアクセス数に応じて)をお支払いいたします。

少しでも《トラベルライター》に興味を持っていただけるようであれば、以下の募集ページより、お気軽にご応募いただければ幸いです。

■トラベルライター募集ページ
https://tripnote.jp/minna
2016/09/19 11:27  | URL | トリップノート編集部 #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

- Re: トリップノート編集部よりトラベルライターのご案内 -

トリップノート編集部様

このたびはブログにコメントいただきありがとうございました。
大変光栄なご案内なのですが、たびねすにて記事も書いている身で
なかなか掛け持ちで月2本と言うのは難しく、
申し訳ございませんが、今回はご遠慮させてください。
またトリップノートの方も大変興味深い内容ですので、
一読者として拝見させていただきます。

taisuke
2016/09/19 22:24  | URL | taisuke #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/229-557fa1eb
| メイン |