2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
森のささやき ~雨滝~
- 2016/05/08(Sun) -
苔生す

森のささやきが聞こえるとはこのことだろうか。

日本の滝百選の一つ、鳥取県の雨滝
鳥取道の川原ICから車を走らせること20~30分。
雨滝の駐車場に到着した。

滝へ通じる階段を降りると、そこは別世界。
周囲を緑に囲まれた空間に三方から清流が流れ込んでくる。

まず目に入ったのがこの苔むした岩間に流れる川。
階段を降りてすぐ右手に見えてくる。

染み出る湧き水の滝

左手に見えるのは布引の滝。
こちらは岩の隙間から湧きだしてくる水がそのまま滝になったもの。
周辺の環境からか、なんだか自然のパワーが集まってくる場所に思えてくる。

カツラと雨滝

正面奥にはには雨滝が見える。
なんとも簡単にたどり着きすぎて拍子抜けだが、
駐車場からすぐの場所にあるにしては、秘境感にあふれている。
手前には大きなカツラの木。
カツラは綺麗な水がある場所にしか育たない木だという。
まさしくここはそんな場所。

正面から

雨滝はまっすぐどーんと落ちる、まさに滝といった感じの滝。
豪快に落ちて水しぶきを上げる。
水しぶきが水蒸気となって周囲の空間に漂うため、
あたりは少しひんやりとしている。

水量充分

V字型の滝口から水が飛び出し、一瞬にして川の水は砕け散る。
砕けた水がそのまま落下して滝つぼに落ちる。
砕けた水が変化していく様子を目で追っていくのも面白い。

不動明王

かつてここは修験の場所であったという。
不動明王の石像が滝前に鎮座していた。
たしかに冷気ならぬ霊気を感じる場所ではある。
滝の音、水のせせらぎ、そんな自然の声を聞いていると心が落ち着いたり、
集中力が高まったりするような気がする。

雨滝

雨滝は落差40メートル。
大きさだけで言えば、鳥取県だけでももっと多くの滝が存在する。
ただ、この空間の雰囲気も含めて言えば、
間違いなく日本百選レベルの滝だと思う。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
この記事のURL | 鳥取 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<神域の終焉 ~大山滝~ | メイン | V字谷のY字滝 〜千丈滝(鳥取市)〜>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/221-2a97b0b7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。