2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
太陽に愛された場所 ~皇子渓谷~
- 2016/04/03(Sun) -
愛媛県四国中央市の皇子渓谷
なんとも高貴な名前がつけられた渓谷は、まさに太陽に愛された場所だった。

駐車場より

皇子という名に似つかわしくない細い道路を進んでいくと、
10台ほど停められる駐車場に出る。
すれ違いがまったくできない細い道で、ドキドキしながら運転することになる。
ただ、駐車場で車を降りてしまえば整備された遊歩道なので、
快適な渓谷散策ができる。

川沿いを進む

川沿いの道を進む。
緑に囲まれた道が心地よい。

木々の隙間から滝を望む

川は小さな滝が連続していて、歩いていても飽きることが無い。

水が綺麗

そして何よりも水が綺麗。
この川は大地川といって、赤星山を源流に瀬戸内海へ流れる川である。
愛媛県は石鎚山を含め、急峻な山が多数あるが、
そこから流れる川はどこも綺麗。
斜度があるため水の流れが速く、その分水が淀まないのかもしれない。

木漏れ日の道

道は少し川から離れたり、近づいたり。そして橋で渡ったり。
天気が良いので木漏れ日が射しこんで来て何とも美しい登山道。

また橋

そしてまた橋を渡る。
橋を渡るたびに綺麗な水を間近で見ることができる。
写真の方はコントラストが強すぎで、明るいところが飛んでしまうのだが、
実際の目でみると心が現れるような清流。

岩がごろごろ

大きな岩がごろごろと転がっている。
上流から転がって積み重なったのだろうか。
割と斜度の強い渓谷なので、大雨になれば一気に水が押し寄せて来そうだ。
長い年月をかけて何度もそんな土石流を繰り返し、
今のような変化にとんだ渓谷が造られて行ったのかもしれない。

さらに橋

再び橋。
これで4つ目だっただろうか。
手すりも柵も何も無い橋なので下が良く見える。
川も近いので、橋を渡るたびにマイナスイオンに癒される。

心地いい水

水はこんな感じ。無色透明でまさに清流。
ほとんど斜面のある渓流なのだが、ときおり水が溜まっている場所がある。
水が溜まってもまったく川が濁ることがない。

水紋

川の揺らめきに光も揺らめく。
ここだけ見ているとなんだか海の水のようだ。

見えた

さて、今回の目的地が見えてきた。
皇子渓谷の登山道は、遠く赤星山まで続いているのだが、
片道3時間ぐらいの行程になるので、お手軽秘境探検隊的にはこの滝がクライマックス。
ここまでだと、駐車場から30~40分ぐらい。

幅広

この滝は機滝と言って、皇子渓谷のシンボル的な場所。
幅の広い滝で、全体が巨大な城壁のようだ。
まさに皇子を守る壁。

機滝

幅広の壁は長野県の田立の滝に良く似ている。
田立の滝も滝が連続する見ごたえのある渓谷だったが、
こちらも同じように小滝が連続して見所満載。
何しろ水の綺麗さでは田立の滝には勝っている。

滝下の岩場でマイナスイオンを浴びながら昼食。
あまり訪れる人もいないので、素晴らしい景観を独り占めしながら
贅沢な時間を過ごすことができた。

上流にもいくつか名前のある滝が続いているが、
お手軽ハイキングなので、ここで終了とする。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 愛媛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<瀬戸内の発射台 ~王子が岳~ | メイン | 不思議な白い水色 ~小森谷の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/217-85bdbbb9
| メイン |