2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
関西の奥秘境 ~池原貯水池~
- 2008/01/20(Sun) -
池原ダム到着


奈良の吉野を抜け、国道169号線を南下する。
大台ヶ原を左手にさらに南へと進んでいく。
そうして到着するのがこの池原ダムである。

このダムとそのダム湖の大きさは途方もなくでかい!
日本一の総雨量を誇る大台ヶ原を水源とするこの「池原貯水池」は
アーチダムとしては日本一の貯水量と言うのもうなずける話である。池原貯水池

また、この池原貯水池と、隣接する坂本貯水池には
数多くの大滝・名瀑が架かっている。
まさに、関西の奥秘境と呼べるような場所なのである。

その名瀑の数々を拝見するべく、
国道169号を東にそれて、池原貯水池沿いを進んだ。
た、高い

まずは、池原ダムの放水口から下を見下ろしてみる。
た、高い…
あまりの高さに、足がすくんでしまう。
下流には七色ダム湖が続いている。
何というスケールだろう…、この人里離れた山奥の奥で、
こんな大規模なダムをいくつも造る土木事業にも驚くばかりである。
雪が舞い散る冬の寒い日に観光客など見あたらないが、
有名な黒部ダムにも負けないスケールである。

このダムを抜け、ダム湖沿いの道を東へ進んでいく。
ほとんど車も通らないためか、道路の上には
折れた小枝や小さな石が散乱しており、
注意しながら運転する必要がある。

あとで調べてわかったのだが、
この池原貯水池は、ブラックバスのメッカで
全国からランカー級の釣り師が集まるバスの聖地みたいな場所らしい。
ただ、今日の凍り付くような寒さの中、
湖岸でつりを楽しむような物好きはいないが…。

池原ダムに直接架かるという「ツキ谷大滝」を目指して、
30分ぐらい車を走らせていると、
視界に一瞬だけ滝の姿が飛び込んできた。
車を停めて見てみると、確かに大滝が2つ。
見えるは千尋の滝

木々に遮られてよくわからないが、
遠くの山の中腹に大きな滝が一つ。
そして、写真ではわからないが、道路の橋の下からダム湖へと注ぐ
大きな滝がもう一つ。
恐らく下側の滝がツキ谷大滝であろう。
この滝でも相当な大きな滝なのに、その後ろにも同等…いやそれ以上の
大滝が控えているなんて、なかなかお目にかかれない絶景である。
以前に訪れた兵庫県最大の大滝の天滝級の滝が
このあたりにはごろごろと存在するのだろうか…

ツキ谷の滝

もう少し進むと、下側の滝、ツキ谷大滝がはっきりと見えてきた。
残念ながら、正面からの絶景は拝むことができない。
正面から見ようと思えば、ダム湖に舟を浮かべて見るしかないだろう。
ただ、道路の下から水が流れているのであれば、
上からダムを見下ろすことは可能だろう。

車をそこまで移動させると数台車を停めれそうなスペースが用意されている。
どうやら川まで降りられそうではあったが、
その入り口にはかつて誰かが居たかののような廃屋が…
廃墟

ひっくり返された畳に、散乱する室内。
誰もいないが生活の臭いがする廃墟は気味が悪い。
これ以上撮影していると、何か変なものまで写ってしまいそうだ。

その廃墟の横から滝上の川まで降りることができる。
上から見たツキ谷の滝

これが滝の上から見下ろした写真。
もうちょっと前に進めば、迫力のある写真も撮れたのであろうが
そこまで進む勇気はなかった…

さて、お次は奥に見える大滝までの探検だ。
河岸の岩場を歩いて、その滝を目指して進んでいく。
まだ、滝の流れる音は聞こえないが、何かが出てきそうな雰囲気がある。
この先に千尋の滝

あたりはまったく人の気配のない山の中。
人より熊でも出てきそうな雰囲気である。
いや…、熊はいたとしても冬眠中か…

自然への畏怖のようなものを感じながら進んで行くが、
やがて、両側の崖が切り立ってきて、
これ以上進むには川の中を進む必要がある状態に。

残念ながら探検はここまで。

水の中を進む装備は持っていないし、
靴を脱いで進むには、今日の気温は寒すぎる。(温度計は0℃を下回る)
これ以上進むのは少々危険が伴いそうなので、
お手軽秘境探検にはそぐわないような気もするので、
残念ながらあきらめることにした。

また、いつかタイトルに「お手軽」の文字がはずれる頃に再訪しよう。

この滝を見なくても、この一帯にはたくさんの名瀑がある。
次の滝を目指して、車をさらに東へ。
坂本貯水池に向けて進むことにした。


ちなみに、この奥にある滝は「千尋の滝」と言って、
落差は約100mもある分岐段瀑らしい。
やはり、再度訪れてみる価値はある。


=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダブルインパクト ~不動滝・銚子滝~ | メイン | 美しいアーチ型のダム ~大迫ダム~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/21-51513714
| メイン |