2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
神様の居場所 ~轟九十九滝~
- 2015/11/14(Sat) -
轟九十九滝

徳島県海陽町、もしかしたら日本で最も遠い場所のひとつかもしれない。
徳島県の南東部と言えば高速道路も通っておらず、徳島市か高知市側から
延々と海岸近くの道路を通って行かなければならない。
海岸から内陸に入ると、そこは立ち入ることも難しい秘境の山。
どうろもいくつかあるのだが、酷道とも呼ばれる細い道が多く、
頻繁に土砂崩れで通行止めになる。
そんな未開な地に、神様が棲む滝がある。

順路に従って

轟九十九滝とは轟本滝を中心としたいくつかの滝群の総称で、
あわせて日本百選の滝にも選ばれている。
順路に従って進むと、まずは轟神社に参拝することになる。

轟神社

急な階段を登っていくと赤い鳥居があって、ここが轟神社。
ご神体は轟の滝と言うわけだ。

登って降りる

轟神社から轟の滝に向かう。
これがまた急な下り。
神社が山の中腹に造られているから、いったん山を登っていくのだが、
轟の滝は下の川にかかっているので、登った分をまた降りなければならない。
まあ、神様に会うためには多少の苦労はつきものか。
少し天候が悪くなってきたので、大きく天候が崩れる前に急がねば。

降りると鳥居

坂道を降り川沿いまで戻ってくると、目の前にはまた鳥居が。
鳥居の奥には岩の割れ目が。
恐らくそこに滝が落ちているのだろう。
鳥居から先は神域と言うことだろう。

轟本滝神社

鳥居には轟本滝神社の文字。
ここも神社扱いなのか。
鳥居の先には岩の割れ目から白い飛沫がもうもうと漂い、
まさに神様が現れる前兆のよう。

あらぶる魂を閉じ込めた

荒ぶる魂を閉じ込めた場所という感じだろうか。
確かに目の前の岩の裂け目には何かが封じられたような雰囲気がある。
何かが封じられるのはいつも大地の中。

滝奥から冷気が

滝に近づくと奥から冷気が立ち込めてきて、ぐっと気温が下がる。
細く深い谷に水が落ちるため、一緒に落ちてくる空気が逃げ場をなくして、
こちらの出口に出てくるのだろう。
水蒸気を含んだ冷たい風が常に吹き出してくる。

神秘的

進めるところまで進んだのだが、これ以上は水に入らない限り進むことはできない。
谷の奥、手の届かないところに飛沫に霞みながら轟の滝が見える。
日本各地の滝が神社のご神体になっているのだが、
もっとも神的とも言えるのが、この轟の滝かもしれない。

奥が霞む

なにせ常に奥から冷気が流れてきて、
それが霊気のように感じるからだ。

小雨が断続的に降るような悪天候なのが幸いして、
数人しか居れないような狭い滝見スペースでゆっくりすることができた。
谷間に響き渡る滝の轟音のせいで、後ろに人がいようがまったく気づかない。
神様と1対1で向き合うような、ちょっと違う世界に入り込んだような場所だった。

急坂の滝巡り

轟九十九滝のメインは先ほどの轟の滝なのだが、
せっかくなので別の滝群も天気が許す限り巡って行きたい。
が、滝が連続するだけあって、最初からこの急階段。
まあ、先ほどの轟の滝の上に出ないといけないので当然ではあるのだが。

二重滝

轟九十九滝巡りの最初はこの二重滝。
文字通り滝の流れが二つに分かれて落ちる滝だ。

横見滝

続いて横見滝。
横から見るから横見滝?
深い淵が少し怖い。

舟形滝

次は舟形の滝。
これも文字通り船のような形をした滝である。
岩盤を水が深く削って滝状になった感じ。

丸渕の滝

次は丸渕の滝。
滝の流れ方が美しい。
最初の看板によるとここが中間地点ぐらいだろうか。


鳥返の滝

100mごとぐらいに滝が続く。
常に上り坂で滝で止まりながらなので、
ペースがつかめず思いのほか疲れる。
これは鳥返の滝。
轟九十九滝群のなかでは滝らしいといった感じだ。
滝前の滝壺も広く、水も透き通っていて綺麗だ。
ちょっと曇り空で暗いので良く分からないかもしれないが、
光が差し込むとエメラルドグリーンになるかもしれない。

あといくつか滝はあるのだが、ちょっと小雨が降ってきたので
ここで引き返すことにする。
最初に轟本滝があって、それが圧倒的に凄いために
他の滝がいまいち物足りなく感じてしまう。
最後に轟本滝があれば途中の滝群も素晴らしく見えるはず。
水も環境も綺麗で良い滝なんだけど。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす



この記事のURL | 徳島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雲上の天守閣 ~備中松山城(雲海)~ | メイン | 深海の記憶 ~室戸岬~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/209-9f69fd49
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。