2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
戻らずの滝壺 ~轟の滝~
- 2015/09/26(Sat) -
壮大な眺め

高知県香美市にある轟の滝
深い滝壺を持つ3段82mの高知県を代表する滝の一つ。
展望台から見る全景はほんとに壮大そのもので、
遠目からみてもその滝壺の青く深い色が良く見える。

近寄れない深い滝壺

引き込まれそうな深い滝壺。
この滝壺には玉織姫伝説がある。
平家の落ち武者の娘である玉織姫がこの滝壺に棲む大蛇と結ばれるという話だが、
詳しく知りたい方は調べてみて欲しい。
玉織姫の如く、一度この滝壺に引き込まれたら
二度と戻ってこれないという恐ろしさがある。

竹林を進む

さて、この滝は遠望だけでなく、滝の直下まで下りることができる。
82mの高低差を降りてまた登ってこなければならないので、
なかなかハードな道のりだが、せっかく来たからには行かねばならないだろう。
竹林の中の急な下り坂をひたすら降りていく。

見上げる

汗だくになりながら一番下まで降りて来ると、
目の前に轟の滝の最下段が飛び込んできた。

近づくと良く見えない

大きな岩を乗り越えて、滝の直下まで到着。
近くに来てしまうと上段の滝が見えなくなってしまうので、
いまいち迫力には欠けてしまうのだが、
この滝が巨大な岩盤を削ってできたことが良く分かる。
もう一段上まで登れそうだが、滝の飛沫で濡れた岩肌は滑りそうなので、
無理をせずここで引き上げることにする。

美しい水

下段の滝の下は岩盤の上を滑るように水が流れて行き、
青い淵へと注ぎ込まれる。
この淵も青い水で引きこまれそうなほど美しい。
この水の色が滝壺の深い青色を生み出しているのだろう。

青い水

川を渡る橋の上から眺める。
滝をバックに青い淵が広がる景色は今回で一番お気に入りの風景。
展望台には入れ替わり立ち替わり人がやってくるが、
下まで歩いてくる人は少ない。
しばし、この秘境感ただよう絶景を独り占め。

滝つぼに近づけた

滝見道は対岸に続いていて、ぐるっと1周まわって駐車場に戻ると言うルート。
遠望でしか見れないと思っていた中段の滝壺にも接近することができた。
近くでみても底が見えないほどの深さ。
いったい何メートルあるんだろう。
釣竿でカメラをつるして、滝壺の中を撮影してみたいものだ。

神社で終了

降りた分を登りきったところに小さな神社があった。
轟神社。
やはり昔の人はこの壮大な景観に神様の姿を見出したのだろう。
人が近寄りがたい場所。昔ながらの神社はたいていそんなところに建てられる。
神様の居場所と人の居場所のちょうど境目に鳥居が作られる。
そしてたまに自然の恵みが欲しくて、人は神社で神様に祈りをささげるのだ。
昔、大学時代の授業でそんな講義を受けたことがあるが、
今になってなるほどと実感できる。

ぐるっと一周

スタート地点に戻ってきた。
このように滝の周りをぐるっと1周した事になる。

日が暮れる

駐車場に戻って車に乗り、今日のお宿へ向かう。
険しい山々に美しい渓谷。そして山の斜面に棚田が広がる人の営み。
四国の典型的な景色。
ここでは人と神様が隣り合わせで暮らしている。
たぶん、日本人はずっとこうして神様とともに生きてきたのだろう。

なんか、四国って良いね。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 高知 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<深海の記憶 ~室戸岬~ | メイン | 空と海のキャンバス 〜砂浜美術館〜>>
コメント
- -

いつもブログ楽しみに拝見しています。
ここの記事を参考に、今夏四国に挑戦しました!
台風の影響による通行止めで、瓶が森には行けず…。
でも、最近アップされた四国の記事を見て、やっぱり四国に
再挑戦したくなりました!
ホント、なんかいいですね!四国!奥深い。
2015/10/16 22:01  | URL | たんと #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

たんとさん、コメントありがとうございます。
私も四国はどハマり中で、険しい山あり綺麗な川ありで、
まだまだ見所満載です。
ただ、その分、道路が細いところが多くて、急な通行止めが多いのが難点。
でもそれでも行ってみたい魅力がある場所なので、
ぜひまた挑戦してみてください。
2015/10/17 00:00  | URL | taisuke #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/207-863a88be
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。