2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
関西屈指の渓谷美 ~みたらい渓谷~
- 2007/06/09(Sat) -
みたらい渓谷ってご存じだろうか。
奈良県吉野の奥深く、天川村に位置するこの渓谷は、関西屈指の渓谷美を堪能させてくれる。
みたらいは漢字で書くと「御手洗」。南朝の帝がここでみそぎをしたことを由来とするらしい。
帝のお手洗い



両側は切り立った崖、奇岩大岩が転がるなか、
澄み切った水が大小様々な滝となって流れ落ちていく。
あたりは水の流れる音と木々が風になびく音が響くのみ。
都会にはない静寂の音を聞かせてくれる。



みたらいマップ

さて、みたらい渓谷への行き方だが、
天川村役場のある川合の交差点を川沿いに進むとみたらい渓谷にでることができる。
そこには何ヶ所か有料の駐車場があって、渓谷まですぐ行くことができる。
お手軽にみたらい渓谷を訪れたいならこれでも良いだろう。
ただ、もっと自然を堪能したいのなら、川合の交差点から洞川方面へ進み、
虻トンネルを抜けた先に登山道の入り口となる無料駐車場がある。

ちなみに洞川まで進んでいっても、大小様々な洞窟がある秘境冒険スポットが
たくさんあるが、こちらはまた今度の機会に。


その駐車場から、吊り橋を渡って遊歩道を進んでいけば、
約30分でみたらい渓谷にたどり着くことができる。

このルートはずっと川のせせらぎを聞きながら、
適度に整備された山道をすすんでいく。
途中、さび付いた金網の上を歩いたりと多少のスリルもあり、
お手軽秘境探検隊の名前にふさわしい道となっている。

しばらく川の音ばかりで、なかなか川が見えない状態が続くが、
歩いて20分ばかしで、水辺に降りていくことができる。

みたらい渓谷



豪快さと繊細さを兼ね備えた立体的な渓谷が広がる。
自分がミニチュアになって、日本庭園を歩いているような感覚かも。

みたらいの淵



このあたりの水はなんてきれいなんだろう。
少し緑がかった水は、深い淵では太陽光に照らされるとエメラルドグリーンに輝き、
浅瀬では透明度の高い水が川底の石や小魚を美しく映し出してくれる。


今回紹介したみたらい渓谷は、遊歩道も整備され、
写真のように立派な吊り橋も架かっている。
お手軽に訪れる事ができて、関西屈指の渓谷美を堪能できる場所ではないだろうか。
しかも、まだまだ知名度が少ないためか、人もまばらである。
ただし、紅葉シーズンだけは人で混雑するとか…
たしかに、この渓谷と赤く色付いた木々のコントラストは
さぞかし美しいだろう。



=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ



この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<緑の洞窟 ~シワガラの滝~ | メイン | はじめに>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/2-5580286f
| メイン |