2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
総落差150mの連瀑帯 ~銚子の滝~
- 2015/06/13(Sat) -
愛媛県新居浜市銚子の滝
このあたりは海岸線から険しい山が近く、10kmも進めば1500mクラスの四国山地にぶつかる。
今回訪れた銚子の滝も、海近くの国道から10分ほど林道を進めば
もうそこは山深い秘境の地。

入口の看板

途中の林道は道幅も細く、よく落石で通行止めになるような場所なのだが、
今回は無事にたどり着くことができた。
銚子の滝の名前は今まで聞いたことがなかったが、
いかなるものなのだろうか。
林道の終着点が駐車場になっていて、そこから看板にしたがって奥へと踏み込む。

小滝が連続する渓谷沿いのm地を進む

遊歩道はそれなりに整備されていて、歩くのに困難はない。
遊歩道の隣には渓流が流れていて、
雨の降った後にもかかわらずなかなか綺麗な水だ。
四国の川の水はどこへ行っても抜群に綺麗だが、
愛媛県の石鎚山周辺の川の水はその中でも一つ飛びぬけて美しい。

視界が悪く

しばらくは視界が悪く、川が見えたり見えなかったり。
それでもときおり見える小さな滝が連続する渓流に心癒される。

壮大な滝

5分ほど歩くと視界が開けて、目の前に壮大な連瀑帯が飛び込んできた。
福井県の仏御前の滝にも似た雰囲気だが、こちらはそれよりスケールが大きい。
最上段から落ちる直瀑が銚子の滝だろうか。
少し事前に調べた時の写真と違う気もするが。

本当の滝はその上流に

いや、本当の滝はその奥だ。
先ほどの連瀑帯より少し奥に見事な直瀑が落ちている。

銚子の滝は落差30mと表示されていたのだが、
これは奥の直瀑部分のみのようだ。
普通の滝の落差は手前の段瀑なども入れて総落差をかさ増ししたりするのだが、
こちらは何とも正直な表示。
この位置から見ると、本瀑から連瀑の下まで一望できて、
総落差で100m以上はあるだろう。
雨後で水量が多少増えているとは言え、これは愛媛どころか100選レベルの名瀑ではないか。


手前の急階段

滝に近づく道にはこのような急階段が。
険しい谷なので道を作るのも大変だろう。

階段からの眺め

階段から先ほど本瀑と間違えた滝が見える。
水が二手に分かれた片方の滝だったのか。
なぜか水量が少ないなぁと思っていたら、こういうことだったのか。

銚子の滝本瀑

銚子の滝の前に到着。
落ち口が銚子の形に見えることから、銚子の滝と名づけられたというが、
どうだろう・・・
滝壺から少し平坦な流れになって、その後に先ほどの連瀑帯に続いている。
この少し平坦な部分が別の滝と言う扱いになったのだろう。
下の滝にも名前をつけて、総落差150mの連瀑!とすれば、
もう少し観光地になりそうなものだが。

たぶんこれで30m

落差30m。うん間違いない。
この滝単体なら30mという表示は正しいだろう。
30mを50mぐらいに表示してしまう滝も多いのだが、
この滝はまさしく30mの直瀑。

雨で増水中

いつもより水量が増しているのだろう。
水が塊になって滝つぼの水面に打ち付けられる。
打ち付けられた水は飛沫となってあたりに漂い、
これ以上の接近を拒んでくる。

水が塊になって落ちる

手前の岩を乗り越えれば滝つぼを見渡せる場所にいけそうだが、
水しぶきで濡れた岩がかなり滑るのでここは無理せずズーム撮影で我慢。
空中に投げ出された水の塊が砕け散りながら落ちていく。
なんとも大迫力。

綺麗な直瀑

この日も天候が悪かったせいもあるだろうが、
観光客は1人遭遇したのみ。
何とももったいない名瀑。
いや、自然を守るためには観光地化されない方が良いかもしれないのだが・・・


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 愛媛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<漱石と子規の観瀑地 ~白猪の滝~ | メイン | 天空の夢跡 ~別子銅山跡(東平ゾーン)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/199-15a98b84
| メイン |