2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
美しき水柱 ~大鹿の滝~
- 2014/12/23(Tue) -
鳥取県若桜町の大鹿の滝。
これは数年前に友人から噂を聞いて気になっていた滝なのだが、
扇ノ山の西側に位置しており、関西からのアクセスが悪いので、
なかなか行くことができなかった。

高原

鳥取県若桜町は鳥取東部の山に囲まれた町なのだが、
大鹿の滝のある諸鹿渓谷へ行くにはその山深くに入り込まねばならない。
細見川沿いの道をどんどん高度を上げながら進んでいくと、
なんと広い高原のような場所に着いてしまった。
広留野高原という場所らしく、わりと整備された高原のようなのだが、
人の姿は消えてしまったように見ることができない。
結構素敵な場所のように感じるが、過疎高齢化に悩む自治体だけに、
なんとか活用できそうな気もするが・・・

入口の駐車場

大鹿の滝への入口はこの高原にある。
そこそこ広めの駐車場から、大鹿の滝のある諸鹿渓谷へ進む道は続いている。
入口に古びた案内板があるので、そこそこ整備はされているのだろう。
それにしても高原から渓谷があるなんて、ここからは想像もできない。

斜面を九十九折

林の中へ続く道へ踏み込むと、すぐに急な斜面になる。
その急な斜面を九十九折に道は続いており、
そこをひたすら降りていく事になる。
やはりと言うべきか、渓谷は高原からかなり下にあるようで、
先の見えない延々と続く下りに閉口する。

獣道みたいに

この道がなかなか厄介で、最初は綺麗に整備されていたのだが、
訪れる人も少ないのだろう。
周りの草が道に覆いかぶさってきて、時に道が見えなくなってしまうほど。
確かに道はあるのだが、獣道のような様相を呈してくる。
訪れたのがちょうど秋口なのが悪かったのか、
草を掻き分けて進んでいくと、草の種が大量にズボンにはり付いてしまった。

大鹿の滝が見えてきた

2、30分歩いただろうか。
ようやく水の音が聞こえてきて、ほどなく大鹿の滝が目の前に姿を現した。

まさに滝

大鹿の滝の姿は、まさに滝といった感じで、ほんとに素晴らしい。
大きくオーバーハングした岩から完全に空中を水が落ちてきている。
滝裏は大きくえぐられていて、裏にも簡単に回りこめそうだ。

水しぶきが美しい

近づいてみるとかなりの迫力。
これはもう巨大な水柱だ。

真裏から

裏の空間も広いので、まったく濡れることなく裏側にも回りこむことができた。
これだけ完全な裏見のできる滝はなかなか無いだろう。

落ち口

ぐるっと360度、滝の周りを一周することができた。
同じ裏見の滝の阿弥陀ヶ滝と良く似た雰囲気だが、
向こうは滝の周りを一周することはできなかった。
落ち口を見上げると、この滝のオーバーハングの凄さが良く分かる。

水柱

空中へ伸びる白い水しぶきはまさに水柱。

オーバーハングした岩

落差は25m程度で少々物足りないが、
その滝姿の正統派的な美しさは日本でもトップクラスではなかろうか。

道は大鹿の滝の左岸からさらに続いており、
出会いの滝や雲龍の滝など、見ごたえのある滝群があるらしいのだが、
ここから先はさらに道が険しくなると言う。
熊の出没地域でもあるし、これ以上の単独行は危険も伴うので、
今回は大鹿の滝を堪能するだけで引き返すことにした。

とは言え、またあの九十九折の坂道を登って帰るのは、
なかなかハードな道のりで、駐車場に戻る頃には相当の汗だく状態になっていた。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 鳥取 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<天上へ続く道 ~瓶ヶ森UFOライン~ | メイン | ニッポンの故郷 ~古座川~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/188-f55a578f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。