2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
階段地獄 ~西椎屋の滝~
- 2014/01/22(Wed) -
宇佐三滝の3つ目、西椎屋の滝へと向かう。
厳密にはこの滝は宇佐市ではなく玖珠町になる。

ダム下の滝

西椎屋の滝は落差86mの堂々たる日本百選の滝なのだが、
すぐ上流に日出生ダムがある。
ちょうど滝の上部にロックフィルダムが見えている。
何となくダムの放流じゃないかと突っ込みたくなる。

そもそも岐阜県に白水の滝という日本三大瀑布にも選ばれそうになった滝があるが、
上流のダムで水量調整が行われるために百選にも選ばれなかった。
そういう意味では、この西椎谷の滝が百選の滝に選ばれているのも、
少々腑に落ちない気もする。
その辺は色々と地方の力関係とかバランスがあるのだろう。

絶壁の谷

この辺りは他の宇佐三滝と同じく耶馬渓と言われる場所に位置しており、
他と同じように特徴的な突き出した岩山や深い谷の景観が楽しめる。
西椎谷の滝はその深い谷底に落ちていくのだが、
上の展望台からはその谷底を見ることができない。
滝壺へは第2展望台まで降りていく必要がある。

長い長い階段

距離にして400mの道のり。
その距離をナメてました…

400mはほとんどすべて急な階段なのである。
たしかに86mの滝を滝壺付近まで下りようと思うと、
80mぐらいは降りていかなければならない。
ひたすら20階ぐらいのビルの階段を降りていくようなものだ。
しかもそんな綺麗な階段ではない。
展望台につく頃には、冬にもかかわらず汗だくになっていた。

深い底

やはり滝壺まで降りて来ると迫力満点だ。
白い飛沫を上げながら谷底の暗い滝つぼに落ちていく。

激しい流れ

落差のある滝特有というのか、落ちる水が固まりになって
どさっと落ちる様子が見て取れる。
なぜか綺麗に水が落ちずにこういう落ち方になるのか不思議だ。
もっと落差があれば、水は霧状になってくるのだが、
そこまで綺麗な直瀑ではない。


なんか小さく見える

何となく正面から写真を撮ってしまうと、あまり落差を感じない。
もう少し下までもぐりこんで撮影できれば迫力は増すのだが、
これ以上は崖になっていて、素人では到底降りることはできない。

滝は小さく見えているのだが、帰りの階段の登りを考えると、
なんだか落差が高く見えてきた。

地獄の階段をなんとか休み休み登りきると、足はガクガク。
本気で登山でもして鍛えねばと思った次第でした。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
この記事のURL | 大分 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<越前海岸のモン=サン=ミシェル ~鉾島~ | メイン | 広がる段々 ~余の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/171-0d8133f3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。