2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海上の散歩道 ~明石海峡大橋(舞子海上プロムナード)~
- 2013/12/15(Sun) -
舞子海上プロムナード

明石海峡大橋
言わずと知れた本州と淡路島をつなぐ世界最長の吊橋である。
この橋の中には舞子海上プロムナードと呼ばれる通路が造られていて、
いつでも歩くことができる。


あの橋の中へ

駐車場に車を停めて橋の下を歩く。
改めて巨大な建造物に圧倒される。
全長3911mの世界一の吊橋で、主塔の高さは海面上298.3m。
この高さは国内でも東京スカイツリー、東京タワー、あべのハルカスに次ぐ高さ。
まさに国内最大級の建造物なのである。

橋の中に入るのは橋脚の裏口から。
入場料300円払って、エレベータで8階へ。
そこが明石海峡大橋の道路の下の通路への入口になる。

橋の中へ

エレベーターで一気に8Fへ昇ると、
足の下側のプロムナードに到着する。
中央の作業道はさすがに自由に通れないが、
左側に見える通路を通って海の上の散歩が楽しめる。
下には海が見えていてなかなかの高度感だ。
海面まで50m弱ぐらいらしい。

展望台が見える

しばらく歩くと展望ラウンジに到着する。
一面ガラスの喫茶エリアがあり、コーヒーでも飲みながら、
明石海峡を行き交う船舶を眺めることもできる。

展望ラウンジを通り抜けると、また外に出て、
もう少し先まで進むことができる。

下は海

途中にはこのように床がガラス張りになった場所もある。
丸太をイメージした橋が架けられており、
その上を平均台の上を歩くように渡っていくことになる。
まあ、ガラスの上を歩いても良いのだが、
下には海が見えているので、少々ビビリます。

淡路島まで

ここが普通に行ける最終地点。
作業道は3km以上先の淡路島まで続いているのだろうか。
長すぎて先が見えない。

実はこの道はツアーでなら行く事ができる。
300mの主塔の上にも登ることもできるらしいので、
高いところが得意な人はぜひ。
私はちょっと…


シルエット

下に戻って公園をうろうろしていると、日がだいぶ傾いてきた。
沈む太陽にシルエットとなった明石海峡大橋は、
なんだかサンドアートの絵の様でとても美しかった。





=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
この記事のURL | 兵庫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一本筋の通った滝 ~東椎屋の滝~ | メイン | カルデラが作った大秘境 ~米子大瀑布~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/167-486068b9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。