2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
滝の巣窟 ~天滝渓谷~
- 2007/11/24(Sat) -
大小様々な滝が続く渓谷。
関西で有名な場所に「赤目四十八滝」という渓谷があるが、
ここ「天滝渓谷」には、それを凌ぐ見応えのある滝渓谷が続いている。
そして、クライマックスには兵庫県最大の落差98mの「天滝」が待ちかまえているのだ。

天滝に行くには、和田山ICから車で約40分。
入り口には駐車場があり、そこから渓谷道を約1.2km登って行った所にある。
今日は、紅葉シーズンの行楽日和と言うこともあり、
たくさんの観光客で駐車場も満車状態になっていた。
さすが関西では那智の滝に次ぐほどの巨大な滝。
メジャーではないものの、なかなかの人気ぶりである。

渓谷にはいると、さっそく小さな滝が続く渓流が目に飛び込んできた。

小さな滝

右へ左へと飛び跳ねるように水が流れていく。
天滝渓谷はこんな水のアスレチックのような風景が、
ずっと続いている。
流れる水


やがて、二つの滝が一つに合わさるような滝が見えてきた。
夫婦滝

これは夫婦滝と言うらしい。
今日は昨日までの雨の影響か、
そこそこの水量があり、小さな滝だがなかなか見応えがある。

豪快な渓谷道が続

夫婦滝を越えてもまだまだ滝のオンパレードは続いていく。
渓谷自体が一つの長い滝のようだ。
そのため渓流沿いの遊歩道は整備されているものの、
常に登っていく状態で、距離以上にきついものがある。
特に帰りは勾配もきついため、歩きにくく、
往復で結構な運動になった。

鼓ヶ滝

これは鼓ヶ滝。
落差12mの直瀑で、天滝渓谷で天滝を除くと最大の滝だろう。
天滝を見た後では小さな滝にしか見えないだろうが、
行きの時にこの滝を見るとなかなかの迫力のある滝。
ちょうど滝の前に橋が架かっていて、
滝のすぐ目の前まで近づくことができる。

紅葉が映える

鼓ヶ滝を過ぎると、目指す天滝はもうすぐだ。


今年の紅葉の色づきはいまいちと言うが、
場所によっては美しい紅葉が広がっている。
黄色や赤の紅葉と白い水のコントラストは美しいものだ。




兵庫県の北西に氷ノ山という山がある。
兵庫県一の標高を誇り、その周辺には広大な自然が広がっている。
また、近くにはハチ高原や神鍋高原などスキーで有名な山々が連なり、
豊富な雪解け水が、数々の渓谷を作り出している。

この天滝も、以前訪れたシワガラの滝もすべては氷ノ山を源流としており、
他にも有名な滝や渓谷が氷ノ山を中心とした円周上に点在している。
そういう意味では、氷ノ山はこの秘境密集地帯を生み出した母なる存在…
神秘的な山と言えるのではないだろうか。



生い茂る木々や深い谷に囲まれて視界が悪く、
この先に大きな滝なんてあるのだろうかと思いながら歩き続けていると、
突然、視界が広がり、想像を超える大きさの滝が姿を現した。



滝が見えてきた


それは、まさしく天から降り注ぐかのような雄大な滝だった。


=======================
ブログランキング始めました。
俺はカテゴリーランキング王になる!!
現在のカテゴリー順位を確認するには下のバナーをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓



FC2ブログランキング



この記事のURL | 兵庫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<兵庫県最大の名瀑 ~天滝~ | メイン | 静寂の奥に ~琴弾の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/16-3c0f0503
| メイン |