2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
北陸の高千穂峡 ~手取渓谷~
- 2013/06/08(Sat) -
至る所に滝が流れ込む

ここは高千穂か。
宮崎のガイドブックで見たことがある景色が広がっている。

ここは石川県の白山市にある手取渓谷
白山スーパー林道に行く途中にある深い渓谷だ。


黄門橋より

昔、白山スーパー林道に行こうとして、
橋を渡ってふと見たら深い谷が見えて、
あわてて車を停めて見学したことがある。

その時は下調べをしていなかったので、
ここが手取渓谷のごく一部だと言うことに気づいていなかった。
とにかく谷の上からいくつもの小さな滝が落ちているのに感動して、
何とか下に降りれないかと探索したのだが、
その時は見つけられず、時間もなかったのであきらめるしかなかった。

今回はこの手取渓谷がメイン。

遠くに見える

実は下に降りれる場所は車で少し走った先にある。
にしかも、綿ヶ滝という立派な滝も落ちている。

少し離れたところにある展望台から綿ヶ滝を撮ってみる。
谷の奥にある白い帯がその綿ヶ滝である。


階段の下に


綿が滝いこいの森というキャンプ場に車を停めて、
滝の横から谷へ降りてみる。
もう階段から立派な滝が迫力のある姿を見せてくれる。


綿が滝

とても深い白色をした滝だ。
谷底のグリーンと対比でそう見えるかもしれない。
そう言えば、ツキ谷の滝に行った時も、
水が白いペンキのように見えたが、
その時の水面の色もこんな感じだった。


深い渓谷に落ちる滝

念願の手取渓谷の谷底。
谷の高さは30mぐらいだろうか。
滝の轟音が谷に響き渡る。

滝に近づいて一人夢中でシャッターを切っていると、
後ろに他の観光客がベストポジションを替わって欲しそうに立っていた。
音と雰囲気でで人の気配をまったく感じない。
それだけここは別世界に入り込んだような空間である。

対岸にも滝

滝はこの綿ヶ滝だけではない。
対岸にも名もなき滝がいくつも落ちている。

ここは山間部にある谷ではなく、周りは平地なのである。
しかも回りは田園が広がっており、
そこから水路などがこの谷へ水を注いでいるのだろう。

手取渓谷は今まで見てきたような山に挟まれたV字渓谷ではなく、
平地が水の流れによって削られて彫られた、
巨大なクレバスのような谷なのである。

綿をちぎって投げたような

綿をちぎって投げたように見えることから綿ヶ滝と言う名前がついたらしい。
ちぎって投げたというよりは、
綿の塊が雪崩落ちてきているようだが、
水の色はほんとに綿のような白い色をしている。
白山の雪解け水なので、雪の色が水に移ってしまったのだろうか。

近づくと水しぶきが


滝まで目一杯近づくと、顔にもしぶきが飛んでくる。

なるほど、綿をちぎって投げられているのだなこれは。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ
この記事のURL | 石川 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<道路を乗り越える滝 ~仏御前の滝~ | メイン | 飛沫が削る ~岩室の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/158-246ec58e
| メイン |