2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
ベンガラの街並み ~吹屋~
- 2013/01/05(Sat) -
赤茶の町並み

岡山県高梁市の山中に吹屋という古い町がある。
標高550mという山の上に作られた集落は、
江戸時代より、銅山の鉱山待ちとして発展し、
江戸後期からはベンガラという酸化鉄の生産で栄えた。

ベンガラは一種の鉄錆のようなものだが、
その赤色が漆器や磁器の赤色顔料として絵付けに利用されているものである。


ガンガラ造り

そのベンガラが塗られているのだろうか。
赤茶色をした建物が並んでいて、古き時代の風情のある町並みを
作り出している。

風情のある郵便局

それは郵便局も例外ではなく、
郵便局の赤色とベンガラの赤色が非常にマッチしている。

よく、海外の街並みは建物の造りが統一されていて、
非常に芸術的な美しさが評価されるが、
日本の街並みもかつてはこのような芸術的なものだったのだろう。

こういう街並みが国の保護する文化遺産でしか残っていかないのは
とても残念な話である。

案内板

案内板もなかなか風情があって良い。
看板はさほど古いものではないのだろうが、
周りの風景に自然にとけ込んでいて、非常に絵になる。
無理矢理観光地に作った木製の看板ではなく、
街並みに違和感のない看板なっている。

さて、その看板に書いてある吹屋小学校だが、

吹屋小学校

大正ロマンあふれる立派な小学校。
こんな学校に通ってみたかった。

こんな小学校に通いたかった

木造の校舎は古びてなお存在感を増す。
木製、煉瓦、土壁、石垣。
かつて日本の建築に使われている技法はすべて、
古くなってもまた新しい風情がある。

今のコンクリート主体の建築は、
新しいときは綺麗だが、古くなるとすぐにみすぼらしい雰囲気になってしまう。

新しい建物はすべてコンクリートになってしまったが、
日本古来の建物はぜひとも残していってほしい。

今はもう動かない

日本最古の現役木造校舎は、
2012年3月、明治から続く長い歴史に幕を閉じた。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

この記事のURL | 岡山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<日本三大山城 ~備中高松城~ | メイン | 忘れ去られた滝 ~鈴木の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/150-d3e7ba0f
| メイン |