2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
黄泉への入り口 ~羅生門~
- 2012/11/18(Sun) -
先の記事でも述べたが、岡山県にはほんとに多くの鍾乳洞がある。
この岡山県新見市にある羅生門もその鍾乳洞の一つだ。
いや、鍾乳洞だったというべきだろうか。

鍾乳洞にも寿命があって、何万年もかけて生成され、
最後は朽ちて崩壊する。
そのなれの果てがここ羅生門である。

突然現れた巨大な門

誰もいない駐車場から少し荒れた遊歩道を下り、しばらく進むと、
木々の間から巨大な岩のアーチが現れる。
これこそが羅生門である。
鍾乳洞が崩落して一部だけが残ったために、
門のような姿になったという。

鍾乳洞のなれの果て

近づくにつれてその巨大な姿に圧倒される。
うっそうと茂る緑に遮られてよくわからないが、
高さは40mほどあるらしい。

荒れた遊歩道はますます荒れ出しているが、
どうも門をくぐって更に下まで続いているようだ。

今にも崩れ落ちそう

羅生門を下から見上げる。
今にも崩落しそうな感じで、少し恐怖を覚える。

というより、ここへ来てからというもの、
どうも薄ら寒いような息苦しさを感じ続けているのだ。

それは荒れた道がどんどん地の底へと向かうかのように、
下へ下へと伸びているのもあるし、
ときおり大きなムカデが目の前を横切るからかもしれない。

次の穴が見えてきた

門をくぐり、とりあえず上空の恐怖から逃れたものの、
次の穴が見えてくる。
息苦しさは収まるどころかますます強くなってくる。
木々の葉もなぜかだらりと垂れ下がるツルの様になっていて
なんだか気持ちが悪い。

第二の門

この穴もぽっかり空いた空洞になっている。
鍾乳洞の名残だろうか、この辺りはぐっと気温が下がり、
ひんやりとした冷気を感じることができる。

冷気が流れ込む

反対側の出口から冷気が流れ込んでくるようだ。
白い冷気が流れ落ちてきて、神秘的な雰囲気を作り出している。

そうか、この辺りは気温が低く湿度が異常に高いのだ。
だから、流れ込む空気が冷やされ水蒸気になり、白い靄が立ちこめているのだ。
恐らく、この息苦しさも湿度が原因なのだろう。


ドームの中の展望台

冷気の流れ込む出口とは反対側になぜか展望台がある。
穴の中に展望台があるなんて、何か変だなと思って近づいてみる。

二度と戻れぬ暗い穴

展望台から見下ろすと、今度は出口のない暗い穴が見えた。
正真正銘の洞窟だ。
ここから先は立ち入り禁止になって進めないが、
かなり深そうにも見える。

ひとたび足を踏み入れると、そこは黄泉の国のように
二度と戻れないような気がして、足が進まなかったのは、
湿度と冷気だけのせいではないのかもしれない。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 岡山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<絵の具が溶け出した池 ~室池~ | メイン | 地底の竜宮城 ~満奇洞~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/146-f98c2d03
| メイン |