2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
飛沫と戯れる ~高森不動滝~
- 2012/09/16(Sun) -
下栗の里を後にすると、急に天気が崩れてきた。
さらに南アルプスの奥へと向かい、
しらびそ高原という標高2000m近くの展望のよい場所に
いったのだが、
大雨とガスで景色も何も見えない状態。

やむなく下山するも、今年も多いゲリラ豪雨にさらされて、
ほとんど車からでられない状態に。

とりあえず飯田市の市街地にでて、遅めの食事をとりながら
どうするべきか思案。

これだけ雨が降っていれば、滝の水もさぞかし増水して
見応えのあるものになっていることだろう。
ある程度整備されている滝なら、さほど危険もないだろう・・・
ということで、高森町の不動滝へ向かうことにした。


誰もいない建物

少々細い道を通り、運転も気を遣ったが、
ちょうど雨も上がりだし、無事に高森不動滝の駐車場に到着。
こんな日に滝鑑賞なんて物好きの人はいないだろうと思っていたら、
駐車場には先着1台。
しっかりした駐車場で、それなりの観光地になっているのだろう、
滝へと進む道の途中には立派な売店の建物があった。
しかし、営業している気配はなく、
大雨で逃げ出したかのように誰もおらず扉は閉ざされていた。

激しい飛沫が見える

売店を越えると滝はもうすぐだ。
前方に飛沫が舞っているのが見える。
爆発しているかのように豪快に水を巻き上げて、
あたりが靄にかかった用になっているのがわかる。

飛沫が凄い

あまり下調べなしに来ていたのだが、
大きな期待を持っていなかった分、予想を裏切るほどの立派な滝だ。
落差50m、幅10m。確かにそれだけの規模がある。

巨大な岩壁

少し離れて鑑賞するが、50mほど離れているここまで
水飛沫が飛んでくる。
雨はやんでいるが、傘を持ってきて正解だった。
傘でカメラを守ってやらないと、水で壊れてしまいそうだ。

見上げるほどの大滝で、上段は千畳敷と呼ばれる大岩盤になっている。

スローで

先客も帰ってしまって一人だけになったので、
少しカメラで遊んでみる。

まずはスロー気味にして撮影。
元々の滝が水量も増えて豪快な滝なので、
なかなか繊細な写真にはなってくれないが、
三脚もない状態で滝の巻き起こす風と水飛沫の中で、
傘を差しながらこれだけ撮れればよい方だろう。

飛沫を楽しむ

逆に高速シャッターで飛沫を楽しむ方が正解だろう。
大量の水が岩盤で砕け散っていく様子の方が迫力がある。

もう少し近くに寄りたいところだが、
ゆっくり撮影しようと思えばこの位置が限界になる。
しかしここまで来たのだから、濡れるのを覚悟して、
進んでみないわけにはいかない。

傘を横に差して、台風中継のような暴風雨の中を
滝壺の手前まで進んで行く。


飛沫を浴びる

飛沫でほとんど顔を上げられない。
カメラは連写モードにして、適当に撮影する。
レンズが濡れきるまでが勝負だ。
何度かレンズを拭きながら、
画面を確認しないままの撮影を繰り返した後、退避する。
水量の多い滝に遭遇したときによくやるヒット&アウェイ作戦だ。
そうして何とか撮影した写真がこれ。
靄がかかってはっきりしない写真だが、
水の勢いはわかってもらえるだろうか。

飛沫と戯れているので、真夏でもまったく暑さを感じない。
それより増水した水量の滝の近くにいると、
飲み込まれそうで肝を冷やしてしまう。

水と一緒に崩れた岩でも流れてきたら怖いので、
早々に退散することにした。

これにて1泊2日の南信州遠征終了。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 長野 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<地底の竜宮城 ~満奇洞~ | メイン | 空島 ~下栗の里~>>
コメント
- 承認待ちコメント -

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/06/24 23:10  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/144-3f23040f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。