2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
息づく墓標 ~花の窟~
- 2012/07/22(Sun) -
七里御浜

三重県熊野市の七里御浜にやってきた。
どこまでも続く海岸線。
そしてこれだけ美しい海岸なのに、
ほとんど人がいない。
遊泳禁止の海岸だからだろうか。


獅子岩

熊野を訪れるときには、古事記などの日本神話をかじっていると
面白さが倍増する。
まさに熊野は神の国で、至る所に神様の足跡を見ることができる。

ここは海岸沿いにある獅子岩
獅子が海に向かって吼えているように見える。
動物にたとえられる岩は数多くあれど、
ここまで見事なものは初めてだ。

熊野はこういった特長のある岩が多く、
それが神が宿る、神が降りる、神の墓などと
言い伝えられる元になったのであろう。

あの下が花の窟

この辺りで最も神に近いのが花の窟であろう。
この岩の下にある花の窟神社があり、
そのご神体として祀られている大岩が、
はじまりの神様イザナミの墓と言われている。

新しいお土産屋

今年が古事記編纂1300年だからだろうか。
花の窟の前にはまだ新しいお土産屋が立ち並び、
観光客であふれている。
地元の工芸品や食事処もあり、なかなか充実した場所で
なかなか侮れない。

花の窟神社

さて、花の窟神社のほうだが、
もう入り口からして神様のにおいがぷんぷんしてくる。
見た目は幹線道路の横にある普通の神社なのだが、
なぜか異界への入り口のように見えてしまう。

木々のトンネル

そもそもまったく信心などない人間なのだが、
この道はただならぬ雰囲気が漂っているのを感じる。

千と千尋の神隠しで、主人公の千尋がトンネルを抜けて異界にたどり着いたが、
まさにそんな感じなのだ。

鳥居のトンネル

やがて、神の領域と人の領域の境目である鳥居のトンネル。
鳥居の多さが神の領域の濃さを現しているのだろうか。

苔球

鳥居を抜けると禊ぎ場があった。
隣の巨大な苔球が気になる。

建物を抜ける

今度は社殿を抜ける。
建物自体は他の神社と違って神聖なものではなく、
ただ通り抜けるだけの建物のようだ。
建物自体も新しく、観光地になってから造られたものだろう。

巨大な岩が現れる

建物を抜けるとそこは異界そのもの。
巨大な岩がせり出し、圧倒的な存在感が押し寄せてくる。
これが花の窟、イザナミの墓といわれる大岩だ。

人の顔にも見える

日本を作ったイザナキイザナミの二人の神。
イザナミは火の神カグツチノカミを産んだときに、
大火傷を負って死んでしまう。
イザナミの死を悲しんだイザナキは、イザナミを居って黄泉の国へ。
しかし黄泉の国の食べ物を食べたイザナキは醜女となっていたため、
イザナキは地上へ逃げ帰ってしまう。
それが、古事記に書かれている神話の物語。

縄がかけられている

逃げ帰ったイザナキは禊ぎを行い、
その禊ぎによって様々な神が産まれた。
それが全国各地の神社に祀られている。

元々は異様な自然をただ単に人の手の及ばない神として崇めたところからスタートし、
それがやがて政治的な目的から体系的にまとめられ、
神社を造って整備されて行ったのだろう。

ここは自然信仰の原点を思い起こさせる場所である。

神光臨

大岩には縄がかけられ、毎年縄かけの儀式が執り行われているという。
見上げると太陽が真上に上がり、
まるで神が光臨してくるかのようだ。

心臓にも見える

岩にはツタが這い、心臓のように息づいているように見えてくる。
神の墓と言うが、古来の人々はこの岩に神を見たのだろう。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 三重 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<砲撃の爪痕 ~鬼ヶ城~ | メイン | 山上のヒキガエル ~神倉神社~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/137-aa821868
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。