2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隠しきれない ~かくれ滝~
- 2012/06/16(Sat) -
池原ダムから坂本ダムにかけて続く滝ロードもこれで最後。
落差100mといわれるかくれ滝
かくれ滝と言う名のとおり、道路からはその圧巻の100mの姿を
見ることはできない。
ただ、道路の横100mもないところにかくれ滝は落ちている。

滝水が注ぎ込む川

手前から流れて川に水が流れ込んでいる。
この水がかくれ滝から流れてくる水だ。
この水は道路の下をくぐって川に合流するのだが、
その川の水がブルーでとても綺麗だ。

木の階段ができている

かくれ滝は道路に標識も何もなく、
車を停めれるように少し道路が広くなっているだけなので、
知らなければ素通りしてしまうだろう。

ただ、以前に訪れたときはなかった、
木の階段が作られていた。
以前は手前の岩場を突破するのに苦労したので、
これでだいぶ楽に滝までたどり着ける。

どこまで水量が増えているか

木の橋を進みきると、滝の先っぽが見えてきた。
ここも水量が多い。
これまでの道中の増水に、もしかしたら滝壺に近づけないかもと
思ってはいたが、どうやらそこまでではないらしい。

白い飛沫

ここから先は道はない。
進みやすい岩を見つけて少しずつ乗り越えていく。
水飛沫で岩場は濡れているので滑りやすい。
しっかり靴裏が岩をつかんでいるのを確認しながら
ゆっくり進んでいく。

やっとかくれ滝が、半分隠れながら姿を現してくれた。

川正の滝

ふと下を見ると、川正の滝という看板があった。
小鳥の巣箱ぐらいの、小さな小さな看板だ。
まだ新しく、恐らく最近作られたのだろう。
それにしても、看板を道路には作らず、
こんな見つけられないような場所に小さく設置されているなんて、
意味があるのだろうか。
それが、かくれ滝がかくれ滝であるために、
隠すように作っているのであれば、
作った人に拍手を送りたい。
ただ、「川正の滝」というのが本当の名前なのだろうか。
かくれ滝というのが浸透しており、川正の滝と言うのは初めて聞いた。

狭いところに

滝前に到着。
あまり大きな水飛沫は上がっていないので、
意外に平気に滝前に立てる。

それにしても巨大な滝だ。
見上げることしかできない。
滝前の谷は狭く、あまり距離を取れないので、
全景を撮影できるアングルは限られてくる。

全景を

少し戻って全景を収める。
逆光になるし、空も曇っているので、
空が綺麗に取れないで難儀する。
この滝は、実際に見ないとその迫力はわからないだろう。

隠れ滝

いくら道路から隠れて、かくれ滝などという滝をつけられようとも、
これの大滝を隠し通せるはずはない。

まずは木の道ができて、今度は滝前に観瀑台でもできるのだろう。
滝は有名になって訪れる人も増えていくに違いない。

それはそれで良いことなのかもしれないが、
個人的には今の自然のまま隠していたい滝である。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<神の生まれた大絶壁 ~大丹倉~ | メイン | 2つの大滝 ~不動滝・銚子滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/134-91b0196e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。