2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
水のカーテン ~坂本ダム~
- 2012/06/03(Sun) -
池原ダム沿いを走る国道425号線を尾鷲方面に向けて進む。
尾鷲までは途中の土砂崩れで抜けることができないが、
何とか道沿いにある滝群はすべて見ておきたいところだった。

ツキ谷からしばらく車を走らせていると、
突然、千尋の滝を遥かに超える巨大な滝が現れた。

放水中だ

忘れていた。
これは坂本ダムが放流しているのだ。

池原ダムの上流には坂本ダムがつながっている。
池原ダムは放流していなかったのでスルーしていたが、
こちらの坂本ダムは豪快に放流している。

水のカーテン

どうも坂本ダムは放流の管理はしておらず、
水量が増えると自然とあふれ出すように放流する構造らしい。
昨日までの大雨でかなり水位が上がったせいで、
11箇所の放水口のうち7箇所から豪快に放水していた。

このダムの高さは約100m。
放水口の幅も100m程ありそうだ。
10000平方メートルもの水の板が、
水面に叩きつけられている。

水飛沫の量も尋常ではない。
これだけのダムの放水を見るのは初めてだ。

真上まで行ってみよう

この圧巻の景色を独り占め。
そもそも、観光地でもなんでもない山深い秘境のダムだ。
しかも途中で行き止まりになっている道なので、他に人がいるはずもない。
来る途中の道も1台停まった車をとおり過ごして来ただけだ。

誰もいないので思う存分堪能できるだろう。
あの放流の真上まで行ったら、どんな景色が見れるのだろうか。

沸き立つ

途中まで進んで、下を覗き込んでみる。
高い。そして、激しく水が落ちているので、
川が落ち着かずにざわめいているようだ。
あまりの凄さに恐怖すら覚える。
それは、台風の後に訪れた八反の滝のときに感じた怖さに似ている。
その時は自然の滝相手なので何が起こるかわからないが、
今回は人工物。
ダムが壊れでもしない限りは安全…のはずだ。


飲み込まれそう

これは言葉にならない。
怖くて顔を半分も出せないが、これ以上乗り出してしまうと
下に引き込まれそうだ。
カメラだけを突き出して撮影するにしても、
手がぞわぞわっとして震えてしまう。

水のカーテンなんて安易なものではない。
人工のナイアガラとでも言うべきか。
昔の冒険映画ではよく滝の下に主人公が落ちて行ったりしていたが、
ここはUSJよりリアルにそれを体験させてくれる。

良い体験をさせてもらった。
昨日の大雨に感謝。


=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2つの大滝 ~不動滝・銚子滝~ | メイン | 君臨する秘境滝 ~千尋の滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/132-c0a62589
| メイン |