2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
360度パノラマ ~五老岳~
- 2007/10/28(Sun) -
以前からずっと気になっていた場所である。
舞鶴湾を一望できる五老岳山頂からの眺望は、
標高300mながら近畿百景の第1位に選ばれた場所である。
この場所からは、秋の朝方には素晴らしい雲海が見られると言うが、
今回は残念ながら早朝には行くことができず、
日が傾き始めた夕刻近くに訪れた。

この五老岳の山頂は、五老ヶ岳公園として整備されており、
車で何の苦もなく山頂にたどり着くことができる。
あまりにも簡単にたどり着くことができるので、
少々味気ないが、駐車場で車から降りるとすぐ、
おぉ~、という素晴らしい眺望が視界に飛び込んでくる。
舞鶴湾

目の前に広がるのは舞鶴湾。
複雑に入り組んだリアス式海岸の景色を一望できる。
眺望

また、別の方角に目をやれば、
丹後富士の異名を持つ建部山のシルエットが浮かび上がる。
そしてその向こうに広がる丹後半島の山々。
近畿百景第1位に選ばれるのも納得の風景である。

さらに、この五老ヶ岳公園に、
五老スカイタワーという展望台がある。
有料ではあるが、エレベーターでさらに50m上へ登れば、
さらに広がる360度パノラマができる。
自衛隊軍港、舞鶴市街の町並み。
もし、舞鶴という都市を攻略しようと考えると、
まずこの五老ヶ岳を押さえてしまうのが一番と考えたりしてしまった。

五老スカイタワー

これは五老スカイタワーから五老ヶ岳公園を見下ろした写真で、
このように山頂に沿って遊歩道が整備されている。
この遊歩道までは、あまり人も行かないので、
自然の遊歩道を堪能したいのなら、ゆっくり歩いてみるのも良いだろう。
木々のトンネル

小鳥のさえずりと心地よい風、木々の間から見える絶景の眺望が
癒しを与えてくれる。

一通り歩いて帰る頃には、
だいぶ日も落ちてきて、あたりも暗くなってきていた。
暮れゆく

すでにシルエットとなった360度パノラマに
鳥の群れが空を横切って行く。
そんな一日の終わりでした。




=======================
ブログランキング始めました。
ポチッとクリックしてくださいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓



FC2ブログランキング



この記事のURL | 京都 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<駆け上る龍の如く ~飛龍の滝~ | メイン | 絶壁の滑り台 ~今福の滝~>>
コメント
- はじめまして! -

はじめまして!五老岳は私も気にはなっていながら行ったことがありません。今回の記事で雰囲気は良くわかりました。今度機会があれば行ってみたいと思います。良かったら私のサイトへも遊びに来てくださいね。
2007/11/16 21:28  | URL | 時遊自適人 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/13-81eaac33
| メイン |