2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
深瀬の光竜 ~深瀬滝~
- 2012/05/19(Sat) -
169号線を南下し、深瀬トンネルを越えると、
池原ダムの湖が見えてくる。

道路横に落ちる水の流れ

何度か通った道で滝の存在も知ってはいたが、
その核心部にはまだ足を踏み入れていない。
深瀬滝はそんな近くて遠い滝だった。

ミラーの後ろに水の流れが見えるだろうか。
深瀬滝の端は道路の下へと流れ落ちている。

ダムに流れ込む

道路の下を通った流れは、池原ダムの中へと落ちていく。
大雨の後だけあって、かなりの水量だ。
これは期待が持てる。

本体はこの上

滝は大きく分けて3段。
道路から見えている部分は2段目で、3段目はダムへと落ちる部分。
道路さえなければ、これだけでも充分見ごたえのある滝だろう。
落差60mといわれる1段目の滝を見るためには、
滝横の急な階段を登って行く必要がある。

道無き坂道を強引に登る

今まで訪れていなかった理由が、この階段の上の斜面。
道はなく、わずかな先人達の踏み跡を頼りに登っていかなければならない。
斜面は急で木々をつかみながらよじ登る必要がある。
わずかな距離だが、相応の覚悟を強いられる。

手袋をはめて、気合を入れる。
近くの木の幹をつかみ、一気に体を斜面の上に押し上げて行った。


光り輝く滝が出現

深瀬の光竜。
木々の合間から見える光輝く滝身は、
天へと飛び立つ竜のように見えた。

明るさを調整すると浮かび上がる

カメラの明るさを調整すると、
落差60mの滝が浮かび上がる。
かなり高度のある岩の斜面を白い水が広がりながら流れ落ちている。

水量が少ないと迫力に欠けるが、
この日は豊富な水量で、圧巻の迫力だ。

斜面を流れ落ちる

光に照らされた深瀬竜がその身を広げ躍動していた。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ぶちまけた白ペンキ ~ツキ谷の滝~ | メイン | 裏庭の滝 ~白滝~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/128-a73a30a0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。