2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
芸術の谷 ~宮の谷渓谷~
- 2012/04/30(Mon) -
入り口の看板

宮の谷渓谷は三重県の奈良県との県境付近にある蓮ダムの奥深くにある
人の力では近づけないような秘境にある。
今でこそ道路ができ、登山道ができているので
こうして訪れることもできるが、
ひとたび登山道を外れると、歩くこともままならない険しい場所となる。

赤い階段、14号まである

深い谷には数多くの名瀑が潜んでいるが、
登山道が整備されている高滝までの2.2km。
約70分の道のりを歩くことにした。

歩いていくと、こうした片側だけ手すりのある赤い階段が現れる。
これは2号階段だが、高滝までは14号まである。

犬飛び岩

最初の見所はすぐにやってくる。
犬飛び岩とかかれた看板にしたがってわき道にそれると、
驚くほど深い谷へとたどり着いた。

深い谷底

切り立った崖に亀裂が入ったように、
両側に垂直の壁。
その遥か下に川の水が流れている。

深い谷の奥に

川の水が岩盤を削り続けてできたのであろうか。
両側の崖は100mぐらいはありそうである。
その崖を手すりがぼろぼろになった橋が渡してあり、
谷底深くを覗き込めるようになっている。

たどり着けない滝壺

そして谷の奥には深いブルーの淵ができている。
左から滝のように水が流れ込んでいるが、
それ以上は見る事もできない。
右側からも淵に水の雫がわずかに落ちており、
そこにも水の注ぎ口もあるのだろうか。

なんとか行ってみる事ができないかルートを探してみたが、
そもそもこの深い谷底に下りることすらできない。
辿り着く事ができない神秘の泉。
龍が棲むと言われてもおかしくない場所だった。


小さな滝が流れおちる

わき道から元の道へ戻り少し進むと、
小さな滝が道に流れ落ちている。
その横を抜けると、通行止めの看板が見えてきた。

通行止めで河原へ降りる

どうも、ここからは河原へ降りて迂回しなければならないらしい。

壁に沿って進む

河原は河原で美しい。
どこまでも澄んだ川の水に、様々な岩が渓谷美を作り出している。
迂回路どころか、むしろ河原に道をつけてくれて感謝と言う所だ。

対岸の雫滴る滝

対岸には滴る雫の滝。
このあたりはほんとに岩が美しく、
水が作り出した自然のオブジェが芸術的でさえある。

ガレ場を越えて

登山道に復帰し、今度はガレ場を越える。

道脇に落ちる水の筋

道路脇に落ちる小さな滝を越えていく。
この谷はまったく飽きさせない。

水の流れが激しくなっている

横を流れる川の流れが速くなってきた。
水が白く飛沫を上げてグリーンの淵へと流れ込む。

これが蛇滝

白い蛇のように蛇行しながら流れていく滝。
蛇滝。その姿どおりの名前がついていた。
シンプルな名前だけ書いてある白い看板が近くに立っていた。


柱状節理

まだまだ見所は続く。

登山道の横には見事な柱状節理の岩壁がせり出してきた。
溶岩が冷え固まってできた自然の芸術品だが、
人の横顔にも見えなくもない。
そこに樹木が根を生やし葉をかぶせた姿は、
古代文明の遺跡のようだ。


切石河原

切石河原と書いてある小さな看板があった。
大きな岩に白い岩。
今までも美しい岩に目を奪われてきたが、
ここはひと際美しい。

折り重なる岩

しばらくこうした岩場は続く。
上流から流されてきたであろう大小さまざまな岩が
時には折り重なって不思議な芸術を造り出す。

岩の下の日本庭園

岩の下に日本庭園を発見。
ちょろちょろと流れる水が、岩を伝って池に流れる。
日本人が自然を模して生み出した日本庭園が、
ここにはまったく人の手を介さずに出来上がっていた。


キラキラ光る川

芸術的な岩場をこえると、
今度は芸術の水場が現れる。
透き通った川の水に光が当たってキラキラと輝いている。

ここまでかなり歩いて来ているが、
きらめく川には癒され、疲れも忘れてしまう。

道は続く

谷は次第に深くなり、大きな滝が現れるような雰囲気に近づいていく。
両側が切り立った崖になっているため、
斜面に道は作れないので、岩壁に直接道を取り付けている。

それほど高い位置にあるわけではないのだが、
足元はのぞけるようになっているし、
道には崖上から崩れてきた木々や岩が転がっている上に、
橋もかなり古くなっているので、なかなか歩くのも怖い感じだ。

だが、深い秘境に来ているという高揚感が、
前へ前へと歩みを進めていく。

橋の向こうにやっと

道はやがて川の出合いに到着した。
川を渡る片側しか手すりがない長いを渡りきると、
高滝へ向かう分岐点に辿りついた。

芸術の谷はここで終わり、
ここから先は自然の力が道を阻むことになる。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ



この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秘境への入口 ~高滝~ | メイン | 10年後の満開 ~高見の郷~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/124-e5e88f60
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。