2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
天空の楽園 ~大台ケ原・後編~
- 2011/07/23(Sat) -
迫り来るガス

雲が下から湧いてくるようだった。
吹き上げてくる風に乗って、
あたりはどんどんとガスに包まれていく。
山の天気は変わりやすいというが、
それを象徴するかのような出来事だった。


すっかりガスに包まれた

雨にたたられる前に出発しようと、
急ぎ足で大台ヶ原の最高峰の日出ヶ岳を降り、
正木峠に向かおうとするのだが、
そのころにはすっかりガスに包まれてしまった。

来る途中の展望台も、視界ゼロの状態になっている。

気温もぐっと下がり、
冷たい風が体を通り抜けるようになってきた。


ますます暗く


正木峠を越えるあたりに来ると、
あたりはますます暗くなっていき、
朽木の林立する死の高原を象徴する景色になってきた。

朽木ヶ原

視界が遮られ、見えてくるのはトウヒの立ち枯れと白くなった倒木のみ。
しかし、これが逆に幻想的に見えてくる。
今までの高原的なすがすがしい景色から一転して、
ここは樹木が枯れる死の世界。
変化に富んだ大台ヶ原を象徴する場所だ。

このトウヒの立ち枯れには、
鹿の食害があるという。
あたりに鹿が増えすぎて、
その鹿が樹木の皮を食べるため、
このように木が枯れてしまうという。
木が枯れて地面に陽が当たる様になったため、
地面には草木が生い茂り、それがさらに樹木の成長を遮るようになる。
その悪循環がこの地から森を失わせているのだという。
途中の看板に、50年ほど前の大台ヶ原の写真があったが、
そこは苔の生い茂る湿潤な森であった。
ほんの50年で、自然は大きく変わってしまう。


少し晴れてきた

正木峠を越えて正木ヶ原へ降りるころになると、
少し雲が晴れてきて、青い空も顔を出すようになってきた。

恐れていた雨も降らず、
やれやれと言ったところだ。

白いトウヒの立ち枯れが広がる場所だけ、
白い霧に覆われているようだ。
まるで、大台ヶ原が自分の負の部分を覆い隠すように、
正木峠から正木ヶ原一体だけガスに包まれていた。

牛石ヶ原

幻想的な正木ヶ原を越えて、牛石ヶ原付近までやってくる。
あたりには緑の樹木が戻り始め、
快適な高原ハイクが戻ってきた。

相変わらず遊歩道は整備されていて、
アップダウンも少なく、とても歩きやすい。

ここまでそれなりの距離を歩いてきていて、
疲れはしているものの、この快適な景色と、
クライマックスの大蛇が近づいてきていることが、
歩みを前へ前へと進めさせてくる。


鹿発見

目の前の草原になにか動くものを見つけた。
鹿だ。
ちょうど望遠レンズをセットしていなかったのは痛いが、
鹿が3頭、進行方向へ向かって走り去っていく。
親子だろか。2頭はまだ小さい。
しかもこちらに興味があるのだろうか、
ときおり立ち止まっては、こちらのじっと見ている。
人になれているのだろう。
警戒はしているものの、すぐに逃げていくということはなかった。


クライマックスはもうすぐ

鹿たちとお別れしてさらに進むと、
周りの景色が一変する。
今までは高原の草原を歩いていたが、
ここにきて岩がゴツゴツとした、
アップダウンのある場所にやってきた。

大台ヶ原という高原台地の端までやってきたのだろう。

眼前に広がる絶壁

木々の脇から絶壁がのぞく。
これが大台ヶ原の台地の端であろう。
切り立った絶壁は遠めに見ても迫力がある。





足がすくむ

そんな迫力も、この絶景には圧倒されてしまった。
大蛇に到着。

岩場が絶壁に突き出ていて、
岩の上に立つと空中を飛んでいるかのようだ。


もう一歩前へ

もう一歩前へ。
覗き込むのも怖いくらいの深い谷が広がっている。
約800mの大絶壁だという。
目の前にも切り立った山々がそびえており、
このあたり一体の険しい地形が見て取れる。



この場所でどうしても見てみたい物があった。
それは、奈良県いや関西最大の滝、中の滝と西の滝だ。
この大蛇から遠望できるという。

西の滝と中の滝

見えた。
中の滝と西の滝
大台ヶ原の高原台地にかかる、日本版のエンジェルフォール。
中の滝の落差は250mだという。

いつかは、あの滝の前に立ってみたいと思う。

だが、そこまでの道のりは遥かに険しく、
今はまだ、霞のかかった遠い望みなのかもしれない。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<絵になる滝 ~猿壷の滝~ | メイン | 天空の楽園 ~大台ヶ原・前編~>>
コメント
- ガスもまた一興ですね -

こんばんは。
ガスに包まれた大台ケ原というのもまた綺麗なものですね。ある意味美味しい景色では?
それに、晴れてからもまた絶景ですね。大台ケ原…何回も行きたくなる場所です。
2011/07/25 22:41  | URL | forester #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: ガスもまた一興ですね -

いつもコメントありがとうございます。
確かに良い場所でガスが出て、晴れてくれました。
大満足の大台ヶ原でしたよ。

結構疲れて、シオカラ橋はパスしたのですが、
今度行くときは、シオカラ橋から滝見尾根ぐらいまで出て、
中の滝と西の滝を拝見したいですね。
2011/07/25 23:54  | URL | 蔵六 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://unexplored.blog107.fc2.com/tb.php/105-a400e700
| メイン |