FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
まぼろしの青い滝 〜おしらじの滝〜
- 2018/12/02(Sun) -
夏休み明けにちょうど関東方面に出張が入ったので、
前乗りして二日間滝巡りをすることにした。
話題になっている栃木県矢板市のおしらじの滝を一度訪れてみたかったので、
初日は矢板市から那須塩原方面。二日目は日光を中心に巡ることに。

DSC06555.jpg

おしらじの滝は矢板市北部の八方ヶ原のエリアにある。
最近まで知る人ぞ知るまぼろしの滝だったが、
遊歩道が整備されてから一気に人気が爆発しつつある。
それなりに広い駐車スペースがあるのだが、微妙に停める場所がなく、
少しスルーして先に進んだら、もう1箇所駐車スペースがあったので、
そこに無事駐車。

DSC06557.jpg

入り口には最近設置されたであろう新しい看板。
その向こうには割としっかりした遊歩道。
おそらく数年前までは踏み跡程度の道だったのだろう。
入り口の無造作感がそう感じさせる。

DSC06561.jpg

遊歩道に足を踏み入れると、そこはもう大自然だった。
道は整備されているとはいえ、土を踏み固めた程度なので、
しっかりした装備が必要だと感じる。
周囲は人の手の入っていない原生林。
道から逸れると一瞬にして自然に飲み込まれるだろう。

DSC06564.jpg

道は時折荒れる。
雨で水が流れたところに人が入るので、
さらに土が泥状になるのだろう。
あまり泥濘に足を突っ込むと靴が汚れるので、
濡れている地面は避けながら進む。

DSC06567.jpg

15分くらいひたすら下り道を進んでいると、
大きな岩とその向こうに人工の足場が見える。
どうも水場の気配がする。

DSC06569.jpg

岩を回り込むと青い滝壺が見えた。
これがおしらじの滝の滝壺。
その神秘的な深く青い水溜りは一目でそれとわかる。

DSC06578.jpg

奥が滝の落ち口なのだが、噂通り滝は落ちていない。
少し岩肌を濡らすだけ。
そもそも滝を見に来たというより滝壺を見に来たので、
特に問題はない。
このおしらじの滝は雨の次の日ぐらいしか水が流れていないようで、
まさにまぼろしの滝と言ったところだ。

DSC06585.jpg

陽の光はタイミングが悪く、滝壺の端っこの方しか差し込んでいない。
光が当たらなくても綺麗なのだが、光が当たった部分はひときわ青く輝き、
神々しいまでの美しさ。
周りの緑に覆われた岩肌といい、環境も含めて素晴らしいシチュエーション。

滝は流れていないのだが、滝壺からあふれ出した水は
川となって下流に流れ出している。
流入する流れがないのにこれだけ水が溢れるということは、
滝壺の底から伏流水が湧き出しているのかと思われる。
地下で濾過された水なのでこれだけ美しい水が保たれるのだろう。

DSC06593.jpg

岩を乗り越えて少し下流を覗いてみる。
滝壺の深い青さはないのだが、周囲の緑が溶け込んで
緑に揺らぐ水面もなかなか魅力的だ。

DSC06616.jpg

角度を変えて横から見て見ても、深い青さは変わりない。
正面からの方が光の角度で少し明るく綺麗だが、
横からは少し怖いくらいの青。

DSC06634.jpg

おしらじの滝が人気になるのも頷ける。
青くても高い透明度なので底まではっきり見える。
おそらくそれなりの深さはあるのだろうが、
底が見えるとどうも浅く見えてしまう。

しばらくちょこちょこ移動しながら撮影していたが、
明らかにこの滝だけを撮影しに来たカメラマンが数人いたし、
観光客は入れ替わり立ち替わり訪れてくる。

人は多いのだが周りの環境は秘境感満載で、
まさにお手軽に訪れることのできる神秘的な秘境という感じ。
あまり整備されすぎずに保全していきたい素敵な場所だった。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
この記事のURL | 栃木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |