2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鍾乳洞のから生まれた峡谷 ~帝釈峡~
- 2017/07/16(Sun) -
川沿いの遊歩道

広島県神石高原町から庄原市にある帝釈峡にやってきた。
帝釈峡は中国地方でもかなり山深い場所にある秘境で、
今でこそ観光地になっているので簡単に訪れることができるが、
道が無ければ到底たどり着けない神の領域とも言える場所だ。

巨岩 

帝釈峡は全長約18kmの峡谷で、このような巨大な岩を水が浸食して
奇岩帯を形成している。
もともとこのあたりはカルスト台地であったため、
水が浸食しやすい場所なのである。

マップ 

今回は帝釈峡の最も北側に位置する上帝釈エリアを散策する。
途中には雄橋と呼ばれる巨大な岩の橋があるので、
とりあえずの目的地はそこに考えている。

洞窟から水 

駐車場から散策をスタート、川沿いの整備された遊歩道を進み、
途中に有料の鍾乳洞「白雲洞」をやり過ごし、しばらく進むと
道の左側にぽっかり口をあけた穴から水が流れ出している場所にたどり着いた。

唐門 

どうもこれが唐門と呼ばれる場所あるらしい。
水の流れ出している穴の横に、大きな亀裂のようなトンネルが現れた。
亀裂に通じる踏み跡があるので、少し脇道にそれて近づいてみる。

鍾乳洞の成れの果て 

亀裂は予想以上に大きく、中には水が流れていた。
亀裂の奥からはなんともいえない湿った冷気が漂ってくる。
明らかにここだけ気温が低い。
流れる水も水温が低いのだろう、夏の熱気に当てられて、
水蒸気が煙のように白くあがり、なんとも神秘的な光景を作り出している。
あちら側はまるで別世界のような感じだ。
おそらくここはかつての鍾乳洞があった場所なのではないか。
鍾乳洞が崩れてこの亀裂だけが残った…のかもしれない。

鬼の供養等 

唐門から遊歩道に戻り、もう少し進むと、
鬼の供養塔と呼ばれる奇岩が見えてきた。
巨大な石柱はその名の通り鬼の墓標のようにも見える。

立ち込める蒸気 

前日まで雨が降っていたため、水は少し濁り気味。
そのせいなのか、帝釈峡は体に纏わりつくように湿度が高く、
それでいてひんやりとした空気が漂っている。
そう、まるで鍾乳洞の中を歩いているかのように。

老婦人 

しばらく歩くと今回の最大の目的地である雄橋が現れた。
自然が作り出した巨大な石のアーチ。
長さ90メートル、幅19メートル、高さ40メートルもある日本一の大きさを誇る天然の橋で、
世界三大自然橋にも選ばれていること。
誰がノミネートしたのか分からないが・・・

橋の下 

雄橋の内側は色々なものが祭られている。
通称「神の橋」とも呼ばれる巨大な岩の橋は、
やはり信仰の対象になるのだろう。
巨石信仰なるものは日本各地に存在するが、
これだけの迫力のある巨石となると、
信仰心が無くても、威圧感は充分感じられる。

雄橋 

雄橋を抜けた反対側から。
やはりここもかつての鍾乳洞なのだろうか。
内側の壁が鍾乳洞のそれに近い気がする。

開けた 

そのあと急に道が開けてちょっと面食らう。
昔は公園のように少し整備していたのであろうか。
この辺りだけ木々が無く平らな場所に草むらだけ広がっている。

断魚渓 

遊歩道はまだ続いているので、もう少し奥まで行ってみよう。
断魚渓と呼ばれる少し急流になった場所がある。
今まで30分ほど歩いてきたが、ほとんどフラットな道のりで、
川の流れもほとんどゆるやかな流れだった。
ここに来てやっと勾配がついてきて、
川が小さな滝のようになっている。

トンネル 

次は人工のトンネル。
なんだかめぐるましく色々なものが現れる。
トンネル内に証明はないが、何とか射し込む光で地面は見える。
水溜りができたりして、中はじめじめ。
ここまで来るとそれまでの鍾乳洞感は完全に消えている。

廃墟 

トンネルを抜けるとそこは廃墟。
どうもここが養魚場跡らしい。
秘密のトンネルを抜けると、そこに村があったというシチュエーションは
ありがちなストーリだが、その村はすでに滅びていたというわけだ。

ここまでか 

このあたりに素麺滝があるようなのだが、どうも見当たらない。
そのうち道が草木によって遮られてしまった。
樹木のトンネルを少し潜って先に進んでみたが、
底から先は草が道を覆ってしまい、藪漕ぎ状態に。
マダニやヤマビルも怖いので、やはりここまでで引き返すことにした。

白雲洞 

途中でスルーした鍾乳洞「白雲洞」にも寄ってみる、
中は石筍が立ち並ぶとまでは行かないが、
鍾乳洞独特の石灰石が溶けたようなつるつるとした壁が続く。

縦長 

全体的に縦長の洞窟で、唐門で見たような亀裂のような形をしている。
やはり唐門は鍾乳洞が崩れて残った洞門という仮説は正しいような気がする。
洞内はほぼフラットで200メートルほど。
少し涼みがてらの良い休憩になった。

石雲山永明寺 

駐車場から帝釈峡とは反対側に古びたお寺があるので立ち寄ってみた。
石雲山永明寺という絶壁の下に建つ古いお堂。
今にも後ろの壁に押しつぶされそうだ。

なんかある 

その裏手の絶壁の下に謎の空間があるのを見つけた。
これは何かある。秘密の入口か。

鐘の奥 

ぐるっと回り込んで、穴の近くに行くと、鐘突き場にたどり着いた。
ここはお寺の一部と言うことか。

奥に進める 

奥にも進めるようだ。
先ほど遠くから見えた橋も渡れるらしい。

賽の河原 

奥はやはり洞窟状になっていた。
積まれた石が並ぶ、賽の河原と言う場所らしい。
ここも雄橋と同じく神聖な場所なんだろう。

鍾乳洞によって造られた帝釈峡。
鍾乳石が長い年月をかけて水に削られ溶かされてできた奇岩群。
なかなか見所の多い場所だった。


======================= ブログランキングに投票お願いします! クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ 「たびねす」でも記事を書いてます。 たびねす
スポンサーサイト
この記事のURL | 広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。