2016 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 02
元乃隅稲成神社 ~漁師達のお稲荷さん~
- 2017/01/04(Wed) -
日本の絶景として有名になってきた元乃隅稲成神社
山口県の長門市と言うなかなか交通の便が悪いところだが、
朝早くにもかかわらずたくさんの人たちで賑わっていた。

海へと続く鳥居

海へと続く赤い鳥居。
そして草木の緑と青い海。
3色のコントラストが素晴らしい景観を作っている。
さすがCNNの日本の最も美しい場所31選に選ばれただけはある絶景だ。

鳥居の先には何か

鳥居の先には何があるのだろう。
美しい海と岩山。
そうあの岩山は竜宮の潮吹きと呼ばれていて、
波が高い日には岩壁に当たった海水が吹き上げられ、
潮が吹いたように見えるらしい。
この日は海も穏やかで見ることはできないが。

鳥居のトンネル

鳥居の並ぶ階段を降りる。
さながら赤いトンネルだ。
伏見稲荷の千本鳥居にも似た鳥居の続く道。
鳥居は神様のいる幽界に続く門と言われているが、
この先は神様の領域と言うことなのだろうか。

竜宮の潮吹

赤いトンネルを抜けた先にある青い海。
そして竜宮の潮吹と呼ばれる岩山。
これが元乃隅稲成神社のご御神体なのだろうか。

穏やかな海

本日の神様は大人しいようだ。
海は穏やかで潮を吹くようなことはない。

コバルトブルーの海
海は日本海とは思えないくらい綺麗で、
浅瀬は珊瑚礁を思い浮かばせるようなコバルトブルーに色づいている。

菩薩様

岩山に上ってみると、小さな菩薩様が祭られていた。
あれ、こちらは神社なのに仏様なのね。
鳥居の向こうに仏様がいるなんて神社としてはおかしいな・・・
ちょっと違和感を感じる。

山へと続く鳥居

さあ、戻ろう。と思って今通ってきた鳥居のトンネルを振り返ってふと思った。
鳥居は海へと続いているのではなく、海からあの崖の上に続いているのだと。
こちらが神社への入口なのだと。

この元乃隅稲成神社はかつて漁師が枕元に白狐が現れて、
「吾をこの地に鎮祭せよ。」とお告げがあったのを由来とする。
漁師からすればこの崖の岩は絶好の目印となったはずで、
それを神様として祀ったとすれば納得がいく。
そう、この鳥居は海の漁師目線で作られたもの。
だから海から陸へと鳥居が続いているのだ。

日本一難しい賽銭箱

もう一つこの神社には面白いものがあって、
賽銭箱が鳥居の上につけられていて、
日本で一番入れにくい賽銭箱として有名なのである。

入った時の喜び

元乃隅稲成神社は稲成は「稲荷」ではなく「稲成」という字が当てられる。
祈願が成就するということから、「成」という字になったということだが、
なかなか簡単にはお願いさせてくれない・・・。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |