2016 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2016 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
青い稲妻 〜高樽の滝〜
- 2016/09/11(Sun) -
付知峡の上流に高樽の滝と呼ばれる見事な直瀑がかかっている。
上流といっても車でかなり走らなければならない。
そしてこの道がなかなかの悪路で、
舗装された部分もあちこち穴が空いているし、
ところどころ未舗装のエリアがあるので、普通車では非常に気を使う。
この先に渡合温泉という宿泊施設もあるのだが、
こんな悪路じゃ誰も来ないんじゃないかと心配になってしまうほど。

橋の展望台

距離以上に時間がかかってようやく高樽の滝にたどり着いた。
木製の橋がかかっていてここが展望台になっている。
床板がだいぶ痛んでいたので少々不安ではあるが。
(最近、この橋も崩落の危険があって通行禁止になった噂も…)

どどーんと

橋を渡るとすぐに滝が目に入ってくる。
見事な直瀑。そして下には青い水が流れる付知川。
高樽山から流れて来た川が付知川に滝となって合流している感じだ。

青い川の水

滝壺のかわりに川が淵のように深くなっていて、
深くなればなるほど水の色はブルーに染まる。
付知峡の水も青かったが、その上流はさらに透明度も増しているようだ。
この川を見るだけでも価値があるだろう。

川に下りてみる

橋の先に落ち口の上に出る道があるらしいが、
通行禁止の看板もあったので今回は次の目的地があるので自重。
少しあとで後悔したが…

かわりに橋の横にある階段で下に降りてみることにした。

さらに青かった

階段を降りても河原まで降りられず、崖の途中に展望スペースがある。
そこでは横から高樽の滝を見ることができた。
横から見るとさらに川の水は青く見える。
白い滝の水が青い川に突き刺さって、まるで稲妻のようだ。

実は展望台の下の斜面にロープがかかっていて、
どうもこのロープを伝って河原にも降りれたようだ。
あまり情報を得ずに来ていたので、
降りれそうだけど大丈夫かなぐらいに思っていて、
今回は自重してしまったのだが、こちらもあとで後悔…。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす
スポンサーサイト
この記事のURL | 岐阜 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
木漏れ日の谷 ~付知峡~
- 2016/09/04(Sun) -
マップ

夕森公園の次にやってきたのは岐阜県中津川市の付知峡
御嶽山を水源とする木曽川の支流で、このあたりの水はブルーに色づいてとても美しい。
木曽ブルーとでも名づけるか。
遊歩道が整備されていて、ぐるりと40分コースを回ってみることにする。

あんまり営業してるところを見た事がない

立派な駐車場に食事どころとお土産屋さん。
いかにも昔ながらの観光地という趣きだが、お店は閉店中。
夏休み期間中も営業していないとなると、うーん。

不動滝から行きます

お店の横の階段を降りていくと、分岐点にさしかかる。
ここは不動滝からめぐってみることにする。

写真家の居るところいい景色あり

さらに階段を降りていく。谷底に降りていく感じで、
だんだんと水の流れる気配がするようになってきた。
下にカメラを構えて写真を撮ろうとしている人がいる。
写真家がいるところに絶景あり。
きっと素晴らしい景観が広がっていることだろう。
期待しながら階段を降りていく。

観音滝人工だけど

写真を撮っている人のところに行くとやはり滝が落ちている。
これが観音滝だろう。
しかし、ちょっと待て。先ほど通った道に人工の水路があったはず。
どうもこれは人工の水路を流して滝にしているのではないか。

木漏れ日が良いですね

人工滝というのは少々残念だが、
ちょうど木漏れ日が滝身に当たり、キラキラと綺麗に輝いていて、
なかなか素晴らしい景観をつくっている。
これだけ見ると人工の滝と言うのはまったく感じさせない。
まあ水の流れは人工の水路とは言え、落ちている部分は自然の滝なのだが。

下段も綺麗

また下の川が綺麗。
これぞ木曽ブルーといった感じの美しいコバルトブルーの美しい川。
この景観を人工的に意図して造ったのであれば、なかなか喝采ものである。

不動滝はすぐ下

観音滝のすぐ下流に不動滝。
こちらは一度落ちてしまうと戻ってくることのできないような
深くて暗い谷底に落ちる滝。
明るい観音滝とは対照的に、暗くてすこし引き込まれる恐怖感を感じるような滝。

ありゃ通行禁止

不動滝から少し戻って次は仙樽の滝に向かおうとしたのだが・・・。
ありや、通行禁止。
うーん、大丈夫そうだし行っちゃおうと思ったけど、やはり自重。
そこまで大きな滝ではないし、まあよいかと言うことで。

吊橋を渡るよ

吊橋を渡って、仙樽の滝の落ち口に向かう。

上から仙樽の滝

木々の間から少し滝の流れが見える。
なかなかの水量で迫力がありそうだ。
ちょっと行けなかった事に後悔するも、戻ってみるには至らず。

この後、ぐるりと心地よい森林浴をしながらスタート地点へ。
なかなかこじんまり見所がまとまっていて、面白い峡谷。
もう少しじっくり散策してみたいところだが、次もあるので名残惜しいけどここまで。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。