2015 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 06
消えゆく名瀑 ~清滝~
- 2015/05/18(Mon) -
迫り出す岩

道路の上に迫り出す岩。
今にも崩れ落ちそうなぐらい不気味な感じだ。
道路の左側には草が生え放題で、整備された形跡は無い。
それもそのはず、ここは落石が多くて通行止めになっている道路だからだ。

遥か頭上から

しばらく進むと、対岸の絶壁の上から落ちる一筋の滝が見えてきた。
これはかなり落差のある滝だ。
もう少し整備すれば、良い観光地にもなれたのに・・・

深い緑の水

谷底を見下ろすと、そこには怖いほどグリーンに色づいた川。

かなりの落差

見上げれば、遥か頭上から落ちる滝。

ここは愛媛県新居浜市にある清滝。
かつては別子ラインの見所の一つとして訪れる人も多かったが、
道路が通行止めになってからは訪れる人もまばら。
そればかりか、心霊スポットの一つとして数えられるようになってしまった。

左にも滝が見える

左側にも一筋の滝が見える。
全体的に少々水量が少なくて物足りないが、
雨の跡などは大迫力の大滝に変わっている事だろう。

清滝は落差60mと言われているが、滝の下から谷底までも
滝のように急坂となっているため、上から下まですべてカウントすると
100mはゆうに超える大きさである。

赤い橋

さて、清滝の滝下へ通じる清姫橋に到着。
道路には車の乗り入れ不可のため、手前からテクテク10分ほど歩いてきたのだが、
迫り出す崖からの落石が少々怖い道であった。
落石の危険があるため通行止めとなっていたが、
ほとんど整備する気はないようなので、今後開通する見込みは無いのかもしれない。

鉱夫

草木が覆っている清姫橋を渡って向こう岸へ。
そこには工夫の銅像が現れる。
この辺りには別子銅山という世界有数の銅山があり、その工夫の銅像なのだろうが、
草木に浸食されてきた整備されていない道に突然現れるとびっくりしてしまう。
心霊スポットになった所以は、この工夫の銅像のせいかもしれない…

少々荒れてきている

かつては綺麗な遊歩道だったのだろうが、今は荒れ放題。
このあたりは広葉樹が多く、秋には美しい紅葉が広がるのだが、
自然の紅葉は放っておいても綺麗なままだが、人工物は人の手が入らないと
すぐに荒れてしまう。

木々の間から

途中、崩壊した場所もあり注意しながら滝下へ。
木々の間から清滝が見えてきた。

途中で流れが変わる

それなりに高度があって良い滝なのだが、
やはり水量不足で迫力に欠ける。
訪れたのが4月の頭で水の流れる場所の緑もまだ色づいておらず、少し寂しい。

落ち口の水しぶき

最初は直瀑で、途中から流れを変えて落ちていく。
奈良県の琵琶滝に良く似た流れ方だ。
水量は琵琶滝の方が安定して多いが、落差はこちらの方が圧倒的にある。
水さえあればなぁ、とちょっと残念。

少し霧が出てきた

あたりに少し霧がかかり始めた。
昨晩から少し雨が降っているので、水蒸気が立ち込めているのだろうけど、
幽霊でも出てきそうな雰囲気なので、
足早に引き返すことにした。
いずれこの滝は霧の中に消えてまぼろしの滝になってしまうのかもしれない。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 愛媛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空を望む老木 ~樽見の大桜~
- 2015/05/06(Wed) -
兵庫県養父市の天滝近くに、一本の大きな桜の木がある。
樽見の大桜と呼ばれるその桜は、樹齢1000年以上の歴史を持ち、
兵庫県下最大の大桜である。
古くは江戸時代に出石藩主が遊覧したこともあるという。

地元のお祭り

そんな歴史ある桜も今や地元のお祭りか。
入口の駐車場には近所のおじさんが集結し、容易に地元の特産品を販売してくる。
春の陽気に浮かれてか、なんだかとても楽しそうだ。

結構な坂道を登る

樽見の大桜までは歩いて約15分かかる。
結構な山道で、しかも足下が雨で緩んでいてとても滑る。
特に年配の方に人気のある桜らしく、おじいさんやおばあさんの姿をよく見るのだが、
なかなかこの道は厳しそうだ。
雨が降っていなくても足下が泥状になっているのだろう。
入口のテントの横に足を洗う場所も用意してあった。

上のほうに見えた

杉林の坂道をしばらく登ると、視界が開けて遠くに1本の桜が見えてきた。
これが樽見の大桜
暗いところから明るいところを見ているので、なんだか桜が輝いているようだ。
とても神々しく見える。

空と桜

またここからはさらに急な上り坂。
九十九折に続く坂道。
あたりの杉林は伐採されて視界が良いのだが、
見えているのになかなか近づけない。

そして近づいてみてみると、えらく立派な骨組みに支えられている。

支えられて生きています

この樽見の大桜は、一時期樹勢が衰え幹や枝が腐敗してきたことがあり、
それを樹木医が治療し、このような木組みで枝を支えることで生きながらえさせたらしい。
この施術によって、一時期衰えていた桜も勢いを徐々に取り戻し、
今のような美しい花を咲かせるようなったのである。

山並みを望む

桜の眼下に広がる山並み。
とても景色がよい。
なんだか、地元に愛され続けてきた老桜に恩返しと言わんばかりに、
元々あった植林地を伐採し、この景色をプレゼントしてあげたみたいだ。

接写

この桜はお花見などお馴染みのソメイヨシノではなく、エドヒガンという自生種である。
エドヒガンは長寿になることが多く、山梨県の神代桜は樹齢2000年とも言われている。
桜の花と葉が同時に開くことが特徴で、
花が散ってから葉が開くソメイヨシノと異なっている。
ちなみにソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの交雑種で
江戸時代末期に人工的に交配して作られたものだという。
今、国内のソメイヨシノはすべて同じ苗から接木で増やしており、
すべて同じ遺伝子を持っているため、一斉に開花する理由もそこにあるらしい。

とにもかくにも、樽見の大桜のような古い桜の木は、
一般的な桜であるソメイヨシノと言うことはありえないのである。

見下ろす

空を望む大桜。
残された時間は少ないかもしれないが、
この空を眺めながら、1000年の歴史を思い返していることだろう。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす



この記事のURL | 兵庫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |